ニュース

青木島遊園地クレーマー顔画像「片桐仁に横流しの髪型を足した容姿」

ニュース

たったひとりの人物の苦情によって閉鎖した青木島遊園地。その結果、市に苦情を入れた人物はクレーマーとして注目を集め、名前や顔画像にも興味が寄せられています。青木島遊園地の閉鎖の原因と言われているクレーマーはどんな顔だったのか?

青木島遊園地閉鎖によって注目を集めているクレーマーの顔画像について調べてみました。

三浦沙知自宅「豪華な家でバーベキュー三昧」さくら保育園園児暴行事件

三浦沙知生い立ち「裕福な家庭に生まれ性格歪む」さくら保育園暴行事件

三浦沙知大学は富士見常葉「Fラン大で高卒の方がマシ」さくら保育園暴行事件

青木島遊園地クレーマー顔画像「片桐仁に横流しの髪型」

青木島遊園地閉鎖の原因となったクレーマー。その人物だと言われている名誉教授の顔画像がこちらになります。

こちらは青木島遊園地クレーマーの若い頃の顔画像です。顔画像は誤特定防止の為、モザイク処理での掲載とさせて頂きます。

青木島遊園地クレーマーの顔画像を見てみると、特徴的なのは大きなメガネに太い眉毛、そして横に流れたくせ毛が特徴的です。青木島遊園地クレーマーの顔画像のイメージとしては、顔面部分は片桐仁さんで、彼の髪型を画像の様な横流しにした印象ですね。

引用:片桐仁さん顔画像 

青木島遊園地クレーマーの髪型イメージ

その他、青木島遊園地クレーマーは信州大学工学部の名誉教授だと言われており、授賞式の時の顔画像も公開されています。

この授賞式では18名の人物が名誉教授として任命さており全員の顔画像が写っていますが、後に青木島遊園地クレーマーは工学部名誉教授である事が分かり、この時、学位を受賞した3名の顔画像にも注目が集まりました。

後述しますが、青木島遊園地クレーマーが信州大学工学部名誉教授という信憑性は高いので、顔画像に写っている3名の誰かという事になります。

青木島遊園地クレーマーは信州大学工学部名誉教授「週刊誌でリーク」

青木島遊園地クレーマーが信州大学工学部名誉教授という理由を見ていきましょう。

まず、週刊誌の情報から青木島遊園地クレーマーは国立大学の名誉教授である事が発覚しています。

教授だった男性は昨年3月に国立大学を退職し、名誉教授となった。すると程なくして、今度は青木島児童センターに「子供の声がうるさい」と男性から注意があったという。児童センターの責任者が説明する。

引用元:【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か

また、掲示板から国立大学は信州大学である事、そして学部が工学部である事が書きこまれていました。

年齢は知らないが信大名誉教授は本当

信大工学部名誉教授1人が大騒ぎしているだけなのに、それに負けた長野市職員

青木島遊園地がある長野県長野市にある国立大学は信州大学のみ。さらに、青木島遊園地の近くにあるのは信州大学工学部がある長野キャンバスです。

これらの事実から、青木島遊園地クレーマーは信州大学工学部の名誉教授という情報の信憑性は高いです。

では、週刊誌に記載されていた2021年、信州大学工学部の名誉教授に任命されたのは誰なのか?調べてみた結果、先述した様に3名の人物が任命されていた事が分かっています。

顔画像同様、誤特定防止の為、実名記載は避けますが、これらの事実から、先ほど紹介した工学部名誉教授3名の顔画像の中に、青木島遊園地クレーマーが存在すると言われています。

青木島遊園地クレーマーの年齢はデマ「85歳ではない」

2021年に信州大学工学部名誉教授に任命された青木島遊園地クレーマー。一部噂では年齢は85歳だと言われていますがこちらはデマでしょう。浮上した3名の年齢を調べてみたのですが、全員が60代となっていました。

  • 66歳前後
  • 61歳前後
  • 64歳前後

この事から、「青木島遊園地クレーマーは85歳」という噂はデマだという事になります。

青木島遊園地クレーマーの住所「ネット電話帳に登録されている」

青木島遊園地のクレーマーが近隣住民である事は報道などから判明しています。この情報を元から、青木島遊園地、そして隣接する住宅の住所を調べてみました。その結果がこちらです。

  • 青木島町大塚1308
  • 青木島町大塚1287
  • 青木島町大塚1286
  • 青木島町大塚1285

青木島遊園地クレーマーは上記の住所に住んで居る事となりますね。そして、「ネットの電話帳・住所でポン!2000年版長野県長野市」には、工学部名誉教授と同姓同名の人物が記載した住所の1つに住んで居る事が判明しています。

青木島遊園地クレーマー内容「盆栽が壊された」

青木島遊園地閉鎖に伴い、クレーマーの意見や市の対応が公開されました。

この投稿をまとめると以下の通りです。

  • 青木島遊園地クレーマーは送迎に来た車のエンジンが止まっていない事に対し苦情
  • その後、青木島遊園地クレーマーから児童センターと保護者の駐車スペースの取り換えを提案
  • 市は駐車スペースの取り換えは難しいと回答
  • その後、夏休みの駐車の児童が少ない時間帯に数回だけスペースの取り換えを実施
  • 青木島遊園地クレーマーは、朝夕ともに駐車スペースの取り換えを実施、1週間継続を要望
  • 青木島遊園地クレーマーは遊園地でボール遊びをしている子供の手を引き、看板の前に立たせて「ボール遊びは禁止だ」と言った

青木島遊園地クレーマーが声をあげた原因は2004年に遊園地が建築された為です。この遊園地建設の結果、この場所には毎日子供が50人以上集まって遊んでいたそうです。また、青木島遊園地の近くには児童センターや保育園、小学校があった事で、自然に子供が大勢集まる場所となっていました。

その結果、青木島遊園地クレーマーは子供の声に悩まされ、市に「子供の声がうるさい」という苦情を入れる事になります。また、青木島遊園地クレーマーの意見からも分かるように、子供が多く集まるこの場所には送迎の為に沢山の車が訪れており、エンジン音にも悩まされました。

青木島遊園地クレーマーを悩ませたのは騒音だけではなく、自宅へのボール飛び込み、植栽の踏み荒らしなども起ったそうです。この事実に市も対応する為、青木島遊園地には「ボール遊び禁止」などの立て札が立てられていました。

この様なクレームは2021年まで続き、児童センターでは遊園地を使わない事を決定。その結果、利用者が減少し、青木島遊園地の廃止に繋がっていきました。

たったひとりのクレームから青木島遊園地が廃止され、クレーマーに対する怒りの声が多数寄せられ名前や顔画像の特定も行われていますが、「背景を説明しないのは酷い」という擁護の声が挙がっている事実もあります。

公園廃止のニュース
・近隣に説明なく児童センター、遊園地を建設
・送迎にくる親の車が日に100台
・児童50人が拡声器での号令のもと遊ぶ
・近隣宅の植栽踏み荒らし多発
・近隣宅へのボール飛び込み多発「子供の声がうるさい」以外のこういう原因を合わせて報道しないのって酷くない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました