ニュース

姫路女学院ソフトボール顧問の顔画像「ろうそくメガネでVサイン」先生教諭体罰

ニュース

姫路女学院高校ソフトボール部の40代顧問が1年生女子生徒の顔をたたき、顎が外れる大けがを負わせました。

さらに、ソフトボール部40代顧問は、5時間以上も暴言を浴びせたそうで、女子生徒は精神的にも大きなショックを受けているようです。

今回、女子生徒に体罰を加えた40代ソフトボール顧問。一体どんな人物だったのでしょうか?顔画像などを中心に見ていきましょう。

姫路女学院ソフトボール顧問の顔画像「ろうそくメガネでVサイン」先生教諭体罰

国葬射的の開催者顔画像「女装が趣味のメガネ男子」安倍元首相の顔面に水鉄砲

ゴーカート事故主催者トヨタ説はデマ「ただのディーラー会社」北海道女児死亡

姫路女学院ソフトボール顧問の顔画像「パーティーメガネで誕生日祝い」

姫路女学院はSNSを積極的に使用しており、ソフトボール部に関する投稿も数回行われています。そして、投稿の中には顧問の誕生日を祝っている画像が掲載されています。

この投稿が行われたのは2019年10月6日なので、この男性がまだ顧問を担当しているかは不明。その為、誤特定を避けるためにモザイク処理で掲載させて頂きました。


インスタの投稿を見てみると、コメント欄には「顧問の先生のお誕生日もお祝いしました」と記載があり、画像中心には、ろうそくで装飾されたパーティーメガネをつけている男性がいます。

コメントや画像から、2019年時点でのソフトボール部顧問の先生は、この男性と見て間違いないでしょう。

男性の顔画像を見てみると、ふっくらした輪郭で丸顔。低く横に潰れたような鼻に短髪、肌は色黒という特徴が読み取れ、清原和博さんに似ています。

また、左手には時計とブレスレットのような装飾品を身に着けている事も確認できています。

そして、同じ特徴を持つ男性の顔画像が、2020年時点の投稿でも確認できています。

大会での優勝時に撮影された写真で、顧問の男性は向かって左上に立っており、背番号30のユニフォームを着ています。ガッツポーズを取った左手には時計とブレスレットが着けられており、ふっくらした輪郭で丸顔や低く横に伸びた鼻という特徴も一致していました。

2020時点では、この男性が姫路女学院ソフトボール部の顧問として勤務していたのは、間違いないでしょう。

追記:姫路女学院ソフトボール顧問の画像をテレビが発表「背番号が30」

10月3日に放送された報道ランナーで、姫路女学院ソフトボール顧問の画像が報道されました。

顔にはモザイク処理が施されており、全容は確認出来ませんが、輪郭の特徴は姫路女学院のインスタに投稿された画像とよく似ています。

また、顧問が使用していた背番号が30である事も、報道された画像から分かりました。

輪郭の特徴や背番号が一致している事から、姫路女学院ソフトボールのインスタで誕生日を祝われていた男性が、体罰を行った顧問と見て間違いないでしょう。

姫路女学院ソフトボール顧問は教師「自分の事しか考えていない先生」

姫路女学院ソフトボール顧問は、同学校の教師だった事が、報道より明らかになっています。

兵庫県姫路市豊沢町の姫路女学院高校で、ソフトボール部顧問を務める40代の男性教諭が先月、1年生の女子生徒(16)の顔をたたき、全治1カ月のけがを負わせていたことが同校などへの取材で分かった。

引用元:女子生徒の顔たたき、顎が外れた状態で5時間以上立たせる その間暴言も浴びせる 姫路女学院高ソフトボール部顧問

そして、グーグルマップや口コミサイトから、姫路女学院高校の教師の評判が非常に悪いことが明らかになりました。

商業科のとある先生は短気ですぐキレるね。
現文のある先生は凄い良い。

この学校の卒業生ですが、先生は生徒より自分のことしか考えていない人が多いです!
風紀検査がある日担任は俺の名誉のために身だしなみをきちんとしなさいなど言う先生もいるのは確かです!まあ職員室がギクシャクしてる雰囲気漂っていますので仕方がないことだとは思います!
あと友人や担任に恵まれていないといじめられてる人や過呼吸になってる生徒を放置したりするのもあり得なさすぎて見るに耐えれなかったです!

この高校は「教養」を第一に考えて生徒に教える高校ですが、教師の中に離婚している人が大勢いたり教師自身の家族や生徒に対しての誠実な態度が一切ない部分が非常に面白かったです
お前らが一から教養学べよ、と在学中に何度思ったことか…
どんなアホでも入れる高校なので古臭い校則に縛られるのはキツかったですが、唯一面白かったのはそんな狂った教師を観察することでした

教師の素行に関する投稿は、2016年から確認でき、約1年前、1週間前にも似たような口コミが記載されています。この事から、姫路女学院高校は、数年前から、教師の素行に問題を抱えていた事が分かります。

今回、問題を起こした40代ソフトボール部顧問は、女子生徒に罵声を浴びさせただけでなく、彼女の母親に対しても、「1発どつきますよ」と電話で話しており、素行不良が見られています。

姫路女学院はソフトボール強豪校「播磨高校時代から厳しかった」

姫路女学院ソフトボール部の、最近の大会実績を見てみると、令和4年に行われた、西播大会では前期・後期ともに優勝。令和3年度の新人大会でも優勝しており、ソフトボール部強豪校として知られていたようです。

その為、普段から練習も厳しく、この体制は播磨高校時代から続いていた事が、明らかになっています。

播高時代から厳しいのは有名だったが、誰がどう見てもこれはやり過ぎ。後遺症とか残らないことを祈ります。

報道でも挙がっているように、播磨高校が姫路女学院高校へと改名したのは2020年から。そして、先ほど紹介した、顧問もこの時はソフトボール部に在籍しており、生徒たちを厳しく指導していたようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました