ニュース

栗田亘の家族構成「左手薬指に指輪無く独身」朝日川柳炎上選者

ニュース

7月16日に掲載された、朝日川柳が大炎上しています。この日の川柳には阿部元総理大臣を題材にした作品ばかりが掲載され、そのどれもが阿部元総理を冒とくするような内容だったからです。

この炎上により、朝日川柳の選者である栗田亘さんにも大きな注目が集まっています。西木空人という別名義で、選者として活動していた栗田亘さん。一体どんな人物なのでしょうか?栗田亘さんの家族を中心に見ていきましょう。

栗田亘の家族「左手薬指に指輪が無い」

栗田亘さんの家族について見ていきましょう。

ネット上に存在する、栗田亘さんの経歴などには、彼の家族構成は記載されていません。そこで、FacebookやTwitterなどから、栗田亘さんの家族構成が判明するか調べてみました。

Facebookで「栗田亘」と検索すると、10人のユーザーが同名の名義を使用している事が分かりました。

10名の人物を詳細に調べてみたのですが、専門学校生や大学生などが多く、栗田亘さんと経歴が一致する人物はいません。後述しますが、栗田亘さんの年齢は82歳もしくは81歳なので、完全に別人です。

その他のアカウントも、栗田亘さんとの共通点を無く、Facebookから栗田亘さんの家族構成を見つける事は出来ていません。

続いて、Twitterを照査してみました。「栗田亘」と検索すると、同姓同名の人物がヒットします。

引用:https://twitter.com/kuriw2

書籍編集を行っている人物です。コラムニストであり、書籍販売を経験している栗田亘さんとは共通点が見受けられます。

そして、この人物の投稿を見ていくと、家族に息子さんがいる事が分かりました。

出ました!ベアーズさんの家事記事
僕も息子の部屋を掃除しました。洗えるものは全部洗いました。次の日にはお菓子やら漫画やらで汚れてますがダニはいないと信じてます。。

また、息子さんがいる事や「あんたがいると、なぜか部屋が汚れると言われる」という投稿から、奥さんが家族構成に含まれている事も伺えます。

永遠の課題です。あんたがいると、なぜか部屋が汚れると言われます。

これらの事から、このツイッター主である栗田亘さんの家族構成は、奥さんと息子さんの3人家族以上である事がわかりました。

しかし、このツイッターアカウントを利用している栗田亘さんの経歴をよく見てみると、誕生年は1982年である事がトップページに記載されていました。

朝日川柳の川柳である栗田亘さんは1940年生まれなので、このアカウント主とは別人ですね。その他の「栗田亘」名義で使用されいてるツイッターからも、栗田亘さんの家族構成を見つけられる物はありませんでした。

残念ながら、FacebookやTwitterからは、栗田亘さんの家族構成は特定できていません。

SNS以外に、栗田亘さんの家族構成に結びつきそうな画像があります。

引用:https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000187939

栗田亘さんの書籍・「15歳の寺子屋 明日は、どうしてくるの?」の表紙です。本を持っている栗田亘さんの手に注目すると、左手薬指には指輪がありません。この事から、栗田亘さんは独身の可能性が見えてきました。

栗田亘は炎上選者「西木空人名義で朝日川柳選出」

栗田亘さんに大きな注目が集まるきっかけとなった、朝日川柳の大炎上。その経緯を見ていきましょう。

事の発端は7月16日に朝日新聞に投稿された朝日川柳です。投稿された7個の川柳は、先日亡くなった安倍晋三元首相を冒涜するような内容でした。

引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/social/4329602/

  • 疑惑あった人が国葬そんな国
  • 利用され迷惑してる「民主主義」
  • 死してなお税金使う野辺送り
  • 忖度はどこまで続くあの世まで
  • 国葬って国がお仕舞いっていうことか
  • 動機聞きゃテロじゃ無かったらしいです
  • ああ怖いこうして歴史は作られる

また、この前日に発表された朝日川柳も安倍晋三元総理に関する内容で、統一教会や警察の警備を指摘する物ばかりです。

  • 高裁も最高裁もなかりせば
  • 銃声で浮かぶ蜜月政と宗
  • 銃弾が全て闇へと葬るか
  • 去る人の濁りは言わず口閉ざす
  • これでまたヤジの警備も強化され
  • 梅雨明けと言われ機嫌を損ねたか

これらの川柳を掲載した朝日新聞には大きな批判が殺到。怒りの矛先は、川柳の選者である西木空人という人物に向きます。そして、西木空人の本名が栗田亘さんです。その結果、SNSを中心に、栗田亘さんには批判の声があがる事となりました。

さらに、栗田亘さんについて調べていくうちに、彼が選者を務めた川柳が炎上したのは今回だけではなく、直近でも数回存在した事も分かっています。

  • 2022年3月29日
  • 「安倍やめろ」勝訴に司法の信つなぐ
  • アベさまの全盛期なら敗訴かな
  • 数々のウソ思い出す桜かな
  • 2022年4月30日
  • 円安やアベノミクスのなれの果て

栗田亘さんは阿部元総理を批判するような川柳を選ぶ選者だった事が分かる事実となっています。そして、安倍批判の川柳選出は朝日新聞の意向でもあったそうです。

それぞれの句は選者が選びますが、デスクがチェックして当日の編集長の目も通っています。つまり川柳であっても記事と同じく会社としてのプロダクトなのです。

栗田亘さんだけでなく、朝日新聞自体が、阿部元総理を否定的な立場だった事が、今回の炎上騒動から伺えます。

栗田亘の選出理由「朝日新聞と阿部元総理の仲は最悪」

生前、阿部元総理が残したツイッターから、朝日新聞との確執を見る事が出来ます。

相変わらずの朝日新聞。珊瑚は大切に。

2022年4月26日に投稿されたツイートです。阿部元総理が引用しているツイートは、産経新聞の記者・阿比留瑠比さんが投稿したものであり、朝日新聞の記事を否定する内容となっています。

朝日新聞が24日の社説余滴でまた森友問題を取り上げていた。籠池氏が安倍昭恵氏に国有地に関し「いい土地ですから進めてください」と言われたと伝聞話を記すが、籠池氏が国会で昭恵氏に「いい田んぼができそうですね」と言われたと証言している事実には触れず。朝日のいつもの手法。

朝日新聞と産経新聞は度々衝突しており、険悪な間柄でした。阿比留瑠比さんのコメントには、その図式がそのまま反映されています。

そして、阿部元総理がその図式に乗っかる形で、相変わらずの朝日新聞。珊瑚は大切に。」とうコメントを使用し、朝日新聞を否定したんです。

「珊瑚」は1989年に朝日新聞記者が起こした事件を指しています。この時、朝日新聞は珊瑚の環境破壊を取り上げた記事を掲載したのですが、この記事は自作自演であり、当時の社長が辞任に追い込まれました。

つまり、朝日新聞が取り上げた森友問題の記事が自作自演だと意味しており、その事を、産経新聞記者・阿比留瑠比さんのツイートに乗っかり、投稿した訳です。阿部元総理と朝日新聞は犬猿の仲であった事が、これらのエピソードから分かります。

栗田亘の経歴「西木空人名義で川柳選出」

栗田亘さんがどのような人物なのか見ていきましょう。

  • 本名:栗田亘(くりたわたる)
  • 生年月日:1940年生まれ
  • 年齢:81歳もしくは82歳(2022年7月現在)
  • 出身地:東京都
  • 職業:コラムニスト
  • 朝日川柳選者(西木空人名義で活動)
  • 日本エッセイストクラブ理事
  • 日本ナショナルトラスト理事
  • 早稲田大学大学院客員教授
  • 朝日・日経・読売よみくらべ「あらたにす」案内人

1940年に東京で生まれた栗田亘さん。年齢は2022年7月現在で81歳、もしくは82歳です。

1965年~2002年まで約40年間に渡って朝日新聞で働き、この時に、東京や横浜など関東以外にも、岐阜、北海道といった地方の支局での勤務経験があります。

支局勤務の後は、朝日新聞の論説委員として勤務。論説委員とは、時事問題などに対し、会社の見解を執筆する人たちを指します。この期間中に、6年近く、朝日新聞朝刊のコラム・天声人語を担当していました。

現在も朝日新聞とは繋がりがあり、西木空人という別名義で、朝日川柳の選者として活動しています。ちなみに「西木空人」の読み方は「にしきくうじん」のようです。

コラムニストとしての仕事以外にも、「漢文を学ぶ(1)~(6)」「ポケット川柳」「リーダーの礼節」「凹んだときに効く漢文」「おとなのための漢文51」などの書籍を発表していますね。

早稲田大学大学院客員教授としても勤務している事も分かっており、「文章表現」という科目を担当しているようです。

また、2018年には小田原市で開催された、小田原寺子屋スクールに講師として参加していました。

講師は元朝日新聞「天声人語」コラムニストの栗田亘さんと石塚さんの広い人脈を活かし、毎回幅広い分野の著名人が交代で務める。

引用元:タウンニュース小田原版

日本ナショナルトラストに関しては、2022年1月公表の役員名簿に名前が記載されていませんが、日本エッセイストクラブでは、現在も常務理事として在籍してる事も確認できています。

引用:http://essayistclub.jp/index.php/2-1

コメント

タイトルとURLをコピーしました