札幌市東区女子大生殺人事件

小野勇と瀬川結菜の関係「ハッシュタグ検索で繋がった」札幌市東区女子大生殺人事件

札幌市東区女子大生殺人事件

札幌市東区で発生した女子大生殺人事件。犯人の小野勇容疑者の異常性、そして、亡くなった瀬川結菜さんとの年の差などから非常に注目されています。

53歳の小野勇容疑者と22歳の瀬川結菜さん。2人の関係とは一体何だったのか?見ていきましょう。

瀬川結菜のTwitter裏垢はデマ「アカウント削除が条件だった」札幌市東区殺人事件 

瀬川結菜の遺体は処分予定だった「薬品で溶かし土地に埋める」札幌市東区女子大生殺人事件

瀬川結菜のパパ活はデマ「妹がTwitterで否定」札幌市東区殺人事件

小野勇のFacebook顔画像「ネコ目で整った眉毛の男性」札幌市東区殺害事件

小野勇と瀬川結菜の関係「ハッシュタグ検索で繋がった」

2人がTwitterで知り合ったことは、小野勇容疑者の投稿から明らかになっています。

Twitterで知り合った人が本人の希望通りに亡くなった…
複雑な気持ち
これで良かったのかわからない

この投稿が行われたのは2022年10月8日。瀬川結菜さんが亡くなったのは10月4日。タイミング的に考え、瀬川結菜さんの事を指していると見て、間違いないでしょう。


小野勇容疑者が、瀬川結菜さんと同様、自殺願望がある人物とTwitterを通して知り合っている事は、報道でも明らかになっています。

『#札幌』『#うつ病』といったタグをつけて、病んだ内容の投稿ばかりをつぶやいていました。気が付けば、自然な流れで小野さんと相互フォローする関係になっていましたね。小野さんの投稿を見るうちに家が近所であることもわかってきて…。

引用元:《札幌・女子大生死体遺棄》「死にたい人を殺すことでしか役に立てない」“死神”小野容疑者が自宅で一夜を過ごした“自殺志願女性”に語った“転落の半生”【部屋にはボロボロのスヌーピー人形】

小野勇容疑者が投稿したツイートを見てみると、ハッシュタグと共に「死にたい人と繋がりたい」「希死念慮」「死」「うつ病」と記載されています。このハッシュタグ検索を通して、自殺願望がある人物は小野勇容疑者に行きつくケースがあったようです。

また、小野勇容疑者は自殺願望があるTwitterアカウントに、自分からメッセージを送っていた事も明らかになりました。

まだ私が高校生だった2019年ごろ、精神的に病んだツイートをしたら、突然いっさ(小野容疑者のツイッターアカウント名)さんからDMが来ました。それからは『今日も生きてる?』『なんでしんどいの?』という連絡が頻繁に来るようになって……。

引用元:「今日も生きてる?」「なんでしんどいの?」“自殺願望の若い女性”を次々引き寄せた「札幌女子大生死体遺棄」容疑者(53)の“怪しい魔力”「私もタトゥーを入れてほしかった…」

小野勇に殺人依頼「瀬川結菜は留年し夜の街で働いていた」

小野勇容疑者とTwitterで知り合った女性の中には、彼の家に向かった方が何名かいました。小野勇容疑者は、非常に大きい包容力を身に着けており、孤独な人物に対しても居場所を作ってくれる魅力があったそうです。

いっささんは何でも話を聞いてくれるし、居場所をくれた。自分の家にはギスギスして帰りたくない。私が皮下脂肪が見えるぐらい深いリストカットをしたときも、母親は諦め顔で何も言わなかった。『ヤバいもの見ちゃったよ』ってそんな感じですよね。だけどいっささんはそれなりに心配してくれるし、『死にたい』といっても『そうだよね』と引かずに受け入れてくれました

引用元:「今日も生きてる?」「なんでしんどいの?」“自殺願望の若い女性”を次々引き寄せた「札幌女子大生死体遺棄」容疑者(53)の“怪しい魔力”「私もタトゥーを入れてほしかった…」

「自分の居場所が無い」「孤独感に苛まれている」という若い女性にとって、小野勇容疑者は非常に魅力的に見えるという傾向があったようですね。


そして、「自分の居場所が無い」「孤独感に苛まれて」という点は、瀬川結菜さんにも当てはまります。

瀬川結菜さんが亡くなった直後、彼女の妹さんのTwitterアカウントが発見され、家族間にトラブルを抱えていた事が示唆されていました。

  • 10月4日
  • 7:12 キャンセル
  • 8:12 ゆいな、今どこ??
  • 8:24 キャンセル
  • 11:25 パパ怒んないから話だけしようだって
  • 18:49 キャンセル
  • 19:19 らいんできる?

  • 10月5日
  • 1:24 げんき?
  • 1:25 キャンセル

どうやら、瀬川結菜さんの母親は精神的に不安定であり、その結果、家族は困窮。瀬川結菜さん自身が夜の街に働きに出ており、一家を養っていたようなんです。さらに、この事実が友達にバレた事でいじめにあい、授業を欠席。その結果、留年も決定していた事が知人から判明しています。

お母さんが精神的に不安定で、生活が苦しく悩んでいる様子でした。幼い頃は子供ながらに家族についてポロポロと不満を漏らすことがありましたね。

金銭的には苦労しており、一家を養うため、夜の街に働きに出ることもあったのだという。

ただ卒業を控えた昨秋、夜の街で働いていることが友人にばれてしまって……。
その後、友達にいじめられ、完全に孤立して授業に出られなくなり、留年してしまったんです。それからは疎遠になり、卒業後の飲み会などにも一切来ていません。性格的にもろい部分があった

引用元:「今日も生きてる?」「なんでしんどいの?」“自殺願望の若い女性”を次々引き寄せた「札幌女子大生死体遺棄」容疑者(53)の“怪しい魔力”「私もタトゥーを入れてほしかった…」

「自宅」「学校」どちらにも居場所を見つけられなかった瀬川結菜さん。先ほど紹介した女性のように、小野勇容疑者の魅力にあてられる人物像との共通点は多いです。

小野勇と瀬川結菜は以前にも会っている「自殺願望がある女性と面識を持つ」

小野勇容疑者の背景が明らかになるにつれ、自殺願望がある若い女性と頻繁に会っている事も判明しています。

例えば先ほど紹介した知人女性は、高校の時に小野勇容疑者の自宅に頻繁に通っていました。また、「Aさん」として紹介され、小野勇容疑者とダイレクトメッセージでやり取りをしていた30代女性も、小野勇容疑者の自宅に向かっています。

Aさんは、瀬川さん死体遺棄現場となったアパートで小野容疑者と一夜を共に過ごし、お互いの境遇を語り合ったという。

引用元:《札幌・女子大生死体遺棄》「死にたい人を殺すことでしか役に立てない」“死神”小野容疑者が自宅で一夜を過ごした“自殺志願女性”に語った“転落の半生”【部屋にはボロボロのスヌーピー人形】

自殺願望がある若い女性と直接会う傾向を持っていた小野勇容疑者。22歳である瀬川結菜さんと以前に会っていたとしても不思議ではありません。

小野勇と瀬川結菜の出会いは夏「殺人ほう助の準備に入る」

小野勇容疑者のTwitterを見てみると、今年の夏頃に自殺願望がある人物と出会っていた事が分かります。

約束残っている人たちの処理が済んだら自分の処理もしなきゃね

お約束していた方、2名ほどお約束解消になった。
僕が必要無くなったみたいで何よりです
しっかり生きて下さいねー!

今のところあと2名のお約束は残っている。
あと2~3名くらいの方のお約束を増やそうかな?
僕なんかでも役に立つならね。

そして、この投稿の約1か月後、殺人ほう助の準備に入った事も、Twitterより明らかになりました。

今週中に道具用意しとかなきゃな以前の道具は処分しているしね
3年以上ぶりだから上手くできるやろか?

投稿が行われたのは2022年9月19日。時期的に考え、瀬川結菜さんの事を話していると考え、間違いないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました