静岡県湖西市乱交パーティー

佐藤志津香は看護専門学校の生徒「育児と学業でストレス過多」静岡乱交パーティー 

静岡県湖西市乱交パーティー

120人という大規模で行われた乱交パーティー。このパーティーで主催者の田渕照明容疑者と加藤砂恵子容疑者が逮捕。その他、自称専門学生の佐藤志津香容疑者も公然わいせつ罪で現行犯逮捕されました。

超大規模な乱交パーティーが話題を呼び、注目を集めている今回の事件。主犯格の人物と一緒に逮捕された、佐藤志津香容疑者に目を向けてみましょう。彼女が通っていた専門学校を中心に、佐藤志津香容疑者について調べてみました。

加藤砂恵子の勤務先病院は美容整形「札幌から上京し就職」静岡乱交パーティー 
6月12日に乱交パーティーを開いたとして逮捕された加藤砂恵子容疑者。自称・看護師と報道され、加藤砂恵子容疑者の勤務先にも注目が集まっています。 加藤砂恵子容疑者は一体どこの病院で働いていたいのか?加藤砂恵子容疑者について、彼女の勤務先...
田渕照明の舞台はソルティーレイクイン「乱交パーティーはホテルじゃない」 
120人規模の乱交パーティーを主催し、逮捕された田渕照明容疑者。このパーティーの舞台は静岡県湖西市にある宿泊施設と報道さえていますが、一体どこだったのでしょう? 田渕照明容疑者が行った、過去に類を見ない程の乱交パーティー。その舞台とな...

佐藤志津香の専門学校は看護学校「自立を目指し社会人入学」

乱交パーティーに参加し、逮捕された自称・専門学生の佐藤志津香容疑者。彼女が通っていた専門学校はどこだったのでしょうか?

佐藤志津香容疑者に関して判明している事は、年齢が34歳である事。そして居住地が東京都西東京市谷戸町1丁目という事です。

自然に考えるなら、自宅から遠く離れた専門学校に通うとは考えにくい。その為、佐藤志津香容疑者が通っていた専門学校は、自宅から比較的近い場所にあった事のでしょう。

東京都西東京市谷戸町1丁目から通える専門学校をピックアップしてみました。

  • 国際航空専門学校
  • 国際パティシエ調理専門学校
  • 東京都立多北摩看護専門学校
  • 国際文化理容美容専門学校分寺校
  • 東京都立府中看護専門学校
  • 大原簿記公務員医療福祉保育専門学校立川校
  • 武蔵野学芸専門学校
  • 吉祥寺二葉製菓専門職学校
  • 専門学校中野スクールオブビジネス本館
  • 秋草学園福祉教育専門学校

グーグルマップより調べた、佐藤志津香容疑者の自宅周辺の専門学校です。佐藤志津香容疑者が通っていた専門学校は、上記のどこかだった可能性は高いと思われます。

では、どこの専門学校に佐藤志津香容疑者が通っていたのか?

話が少し脱線しますが、管理人は医療関係者で、看護師の知人が何人もいます。乱交パーティーの主犯格の一人、加藤砂恵子容疑者が自称看護師と報道された事がきっかけとなり、知人から看護師に関するお話を聞く機会がありました。

私が看護専門学校に通っている時、子育てしながら学校に通っていた30代のママさんがいたよ。
医者とかの医療従事者と違って、看護専門学校に入ってくる人って、色んな年代いるんだ。
特に30代とか多いかな?学年に2~3人くらいはいた印象がある。
子供生まれてお金必要だから、国家資格の看護師目指すって人、けっこう多いんだよね。シングルマザーなら尚更。
ただ、子育てしながら学校通うのは本当に大変そう。1日3時間くらいか寝れない日もけっこうあったんだって。

知人看護師の専門学校時代のお話です。同級生に30代のママさんがおり、一緒に授業・実習を行ったそうです。さらに、このような状況は何も特別なことではなく、看護専門学校では割とよくある事だとも話しています。

報道から、加藤砂恵子容疑者は30代の女性である事が分かっています。また、詳しくは後述しますが、SNS情報から子供もいるようです。

加藤砂恵子容疑者の現在の経歴は、管理人の知人看護師が話した「30代で看護学校に通う母親」と酷似しています。さらに、加藤砂恵子容疑者の自宅近くには看護専門学校もありました。

これらの事実を併せて考えると、加藤砂恵子容疑者は看護専門学校に通っていた可能性は高いのではないでしょうか?

佐藤志津香の専門学校入試は難易度が低い「社会人入試で入学」

昨今、医療系専門学校は社会人の入学に積極的です。都立校の医療専門の場合、定員の20~30%が社会人入試枠というデータもあります。

医療現場からの多様なニーズに応える人材を育てるため、専門学校では今、社会人向け入試の実施に積極的だ。都立校(全7校)の場合は、定員の20〜30%が社会人入試枠。

さらに社会人の為、看護専門学校では入学試験も比較的簡単に設定してあり、小論文と面接のみで受験できるケースが多いようです。

この事実は、佐藤志津香容疑者の自宅付近にある看護専門学校にも当てはまっているのか?彼女の自宅周囲にある2校の看護専門学校のうちの1つ、東京都立府中看護専門学校の入試について調べてみました。


引用:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/fuchukan/jukenannai/2021nyuushi.html

東京都立府中看護専門学校でも、最近の傾向を取り入れているのか、社会人入試が設けられており、試験内容は小論文と面接となっていました。

子育てをし、日頃から忙しかったであろう佐藤志津香容疑者。そんな彼女にとって、入学試験が簡単な看護専門学校は、はとても入学しやすい学校だったでしょう。

社会人を受け入れ、入学試験の難易度を低く設定している。この事も、佐藤志津香容疑者が看護専門学校に通っていた根拠と言えるでしょう。

「30代のママが入学する傾向が強い」「自宅から近い」「社会人入試が活発に行われている」「入学試験が比較的簡単」という事実から、佐藤志津香容疑者は、看護専門学校に通っていた可能性は高いです。

佐藤志津香は看護専門学校でストレス過多「乱交パーティーでリフレッシュ」

日夜、子育てや看護の勉強に追われていた佐藤志津香容疑者。彼女が乱交パーティーに参加した理由は過度のストレスが原因なのではないでしょうか?

リーミラー博士は「ストレスや不安、うつ症状は、性的欲求を低下させることがほとんどですが、人によっては性的欲求を加速させることもある」と解説。

性やジェンダーの研究を行っている、ジャスティン・リーミラー博士の言葉です。彼の言動から、ストレスは人によって性的欲求を加速させることが分かります。

先ほどお話ししましたが、佐藤志津香容疑者には子供がいます。子育てに多大なストレスがかかるのは周知の事実。

この状況で看護専門学校に通っている、佐藤志津香容疑者。睡眠時間を削っての勉強、慣れない病院実習などのプレッシャーが子育てのストレスに加わります。

この状況は、子育てのみを行っている人物以上にストレスを加藤砂恵子容疑者に与えたのは間違いありません。

そして、リーミラー博士の「ストレスが性的欲求を加速させることもある」という言葉。この言葉を併せて考えると、加藤砂恵子容疑者がリフレッシュを求め、乱交パーティーに参加した可能性もあるのではないでしょうか?

ストレス発散目的で乱交パーティーに参加したはずが、まさかの現行犯逮捕。皮肉にも、加藤砂恵子容疑者のストレスは乱交パーティー参加によって、増大してしまいました。

佐藤志津香のFacebook「事件数日後にアカウント消去」

佐藤志津香容疑者のFacebookについても見ていきましょう。

6月15日現在、Facebookで「佐藤志津香」と検索した結果、表示された人物は総勢20名。

この中に、西東京市在住の人物は無く、佐藤志津香容疑者のFacebookだと思われるアカウントは存在しません。

しかし、乱交パーティー発覚直後、「佐藤志津香」と検索すると、西東京市在住のフェイスブックアカウントが存在していたんです。

ところが、乱交パーティー報道数日後には、このフェイスブックアカウントが削除されています。同様の事態は、主犯格の一人、加藤砂恵子容疑者にも起こり、彼女のフェイスブックは現在消えました。

フェイスブックアカウントが削除されたタイミング、そして、加藤砂恵子容疑者の事例を考えると、このフェイスブックアカウントが加藤砂恵子容疑者の物だった可能性は非常に高いでしょう。

数日前に存在していた、佐藤志津香名義のフェイスブックアカウントには、子供や犬の写真が投稿されていました。34歳という年齢を考えると、佐藤志津香容疑者のお子さんなのでしょう。

また、友達登録されている人物が214人もおり、かなり活発にフェイスブックを利用していた事も分かっています。

佐藤志津香のインスタ「Facebook同様削除」

Facebookに引き続き、佐藤志津香容疑者のインスタも見ていきましょう。インスタで「佐藤志津香」と検索をかけると、55名のアカウントがヒットしました。

この人物をそれぞれ詳しく見ていったのですが、残念ながら、佐藤志津香容疑者に繋がるインスタアカウントは一つも見つかっていません。

事件の報道から数日後、佐藤志津香容疑者はFacebookアカウントを削除しています。この事から考えると、仮にInstagramアカウントを持っていたとしても、現在は削除済みの可能性が高そうですね。

佐藤志津香の事件概要

佐藤志津香容疑者の逮捕経緯を見ていきましょう。

静岡県湖西市でわいせつ目的のパーティーを主催したとして自称・自衛官の男らが逮捕された。
田渕照明容疑者(54)と加藤砂恵子容疑者(51)は静岡県湖西市の宿泊施設で男女約130人を集めて、わいせつな行為をするパーティーを主催した疑いで逮捕された。2人は無料通信アプリの掲示板で参加者を募り、男女から1組1万円の参加料を集めていたという。また、このパーティーでわいせつな行為をしたとして亀井俊哉容疑者(52)と佐藤志津香容疑者(34)を現行犯逮捕した。亀井容疑者は「服を挟んでいたから見えていない」と容疑の一部を否認しているという。(ANNニュース)

  • 6月11日~12日にかけて、静岡県湖西市の宿泊施設で、120人規模の乱交パーティーが行われた
  • 主催した人物のは、自称自衛官の田渕照明容疑者と自称看護師・加藤砂恵子容疑者
  • 亀井俊哉容疑者と佐藤志津香容疑者も公然わいせつ罪で現行犯逮捕されている

乱交パーティーが行われたのは6月11日~12日にかけて。自称自衛官の田渕照明容疑者と自称看護師・加藤砂恵子容疑者が主催者となり、静岡県湖西市の宿泊施設で開催されました。

この乱交パーティーは匿名で警察に情報提供が行われています。その為、静岡県警は6月12日午前3時ごろに湖西市の宿泊施設に踏み込みました。

この時、主催者である田渕照明容疑者と加藤砂恵子容疑者は公然わいせつ罪ほう助の疑いで逮捕。警察突入時、裸で抱き合っていた人物が2名おり、この男女も公然わいせつ罪で現行犯逮捕されています。

主犯格の人物以外に逮捕されているのは、亀井俊哉容疑者と佐藤志津香容疑者の2名だけ。その為、警察突入時、裸で抱き合い、公然わいせつ罪で現行犯逮捕されたのは、この2人だと言えますね。

報道では、白いワンピース姿の女性が、警察によって逮捕される様子が発表されています。

この女性が、佐藤志津香容疑者だと思われます。すらっとした足にロングの髪から、美人である事が想像できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました