札幌市東区女子大生殺人事件

瀬川結菜Twitter裏垢はデマ「文春に出たA子」札幌市東区殺人事件 

札幌市東区女子大生殺人事件

小野勇容疑者によって殺害された瀬川結菜さん。自殺ほう助の可能性や、小野勇容疑者の異常性などから大きな注目を集めているニュースです。

今回の事件に大きな注目が集まる中、「瀬川結菜さんの裏垢では?」と噂されるTwitterアカウントの存在が明らかになっています。今回、発見された瀬川結菜さんのTwitterアカウントは本人の裏垢なのか?見ていきましょう。

瀬川結菜の遺体は処分予定だった「薬品で溶かし土地に埋める」札幌市東区女子大生殺人事件

瀬川結菜のパパ活はデマ「妹がTwitterで否定」札幌市東区殺人事件

小野勇のFacebook顔画像「ネコ目で整った眉毛の男性」札幌市東区殺害事件

瀬川結菜のTwitter裏垢はデマ「矛盾点が多い」

瀬川結菜さんの裏垢と言われているTwitterアカウントがこちらです。

「ふゆ」という名前で使用されているTwitterアカウントであり、小野勇容疑者のとある投稿にリプで変身していた事で注目を集めています。

2022年6月18日
僕に依頼してきた人もいるけどほとんどの人がヘタる。まぁその方がいい事なんだけどね。
僕だって何も感じないわけじゃないんしね
いきなりリプ申し訳ありません
以来ってどんな内容の事なんですか?
詳しく聞いてみたいです。
DMあけているのでよろしくお願いします。

このアカウントのホーム画面には「いちばん北」「メンタル持ち」という記載が行われていました。その為、このTwitterアカウントの持ち主は、北海道に在住していると特定され、自殺ほう助で殺害された事から、瀬川結菜さんの裏垢と言われるようになりました。

ちなみに、「ふゆ」というアカウントの持ち主は小野勇容疑者のTwitterをフォロワーしています。

「以前にも瀬川結菜さんと会った事ある」という小野勇容疑者の発言もあり、この点からも、「瀬川結菜さんの裏垢では?」という憶測が飛び交っています。

しかし、このアカウントの投稿には瀬川結菜さんとの矛盾点がいくつか見られました。

  • 瀬川結菜さんが薬を使用していたという報道は無い
  • Twitterアカウントの削除を依頼していた
  • 通学で豊平川を通らない

それぞれ見ていきましょう。

瀬川結菜は薬を使用していない「報道による発表は無い」

「ふゆ」というTwitterアカウントに投稿されたツイートの一部を見てみましょう。

抗不安薬と睡眠薬を飲んでそれが効いてる時間だけしか楽な気持ちにならない
飲んでない時間帯はふとんから出る気力もない
最近はろくに風呂も入れない
終わりが見えないから前向きに闘病してる人はすごいと思う

このアカウントの人物は薬を服用しており、お風呂に入る事さえ困難だった事が分かります。

10月14日時点で、小野勇容疑者による瀬川結菜さん殺害が報道されてから4日間過ぎています。この間に様々な事が分かっていますが、瀬川結菜さんが薬を服用していたという事実は報道されておらず、投稿との矛盾が生じています。

瀬川結菜のTwitterアカウントは削除されている「小野勇容疑者が依頼」

週刊文春の報道では、ある女性と小野勇容疑者とのダイレクトメッセージが公開されています。後ほどお話ししますが、この人物がAさんとして紹介されている女性です。

話を戻し、小野勇容疑者のダイレクトメッセージを見てみましょう。

捜索願いが出る可能性がある人がいるなら捜索願いが出ないように工作してもらうかな
僕とのやりとりは全て消してもらった上でアカウントを消してもらいます
携帯の位置情報はオフで合流したら電源もオフ捜索願い出ることもなさそうです
場所がわかることのないよにいろいろオフにするんですね
待ち合わせとかはどこでしてましたか?本州からなんで札幌駅で合流しました
2人とも住んでる部屋も家財道具も処分してから来てましたね

部屋も処分したのか
一人暮らしだったからなんですかね?

ダイレクトメッセージから、小野勇容疑者はTwitterアカウントの消去や携帯の電源、位置情報をオフにする事を条件としてます。そして、瀬川結菜さんの携帯電話の電波は小野勇容疑者の自宅付近で途絶えていました。

この事実は、小野勇容疑者の要求内容と一致します。そして、やり取りやアカウントの削除も、小野勇容疑者の要求に含まれています。

瀬川結菜は小樽在住「豊平川を目にする機会は無い」

「ふゆ」のTwitterに投稿されている内容を見てみましょう。

首○りってちゃんとロープ結べないと失敗しそうだし(ちゃんと結ぶほど頭が回らない) 飛び○りか飛び○みが現実的なのかな? ODではまず死なないし 寒いところに住んでるから冬まで我慢して豊平川ドボンとか?

6月に行われた投稿であり、冬の豊平川に飛び込む事をほのめかしており、豊平川と瀬川結菜さんが通っていた日本医療大学の立地にも注目が集まっています。

通学途中に豊平川を通り目にする事から、豊平川を選んだと言われ、裏垢の根拠となっている訳ですね。

しかし、日本医療大学のHPには、アクセス方法として地下鉄を推奨しており、さらに、北海道の人は雪の影響を避ける為、通勤・通学にバス利用を敬遠する傾向が強いです。

引用:日本医療大学HP

北海道でもワンシーズンに1〜2回あるかどうかっていう規模の雪ですね、、道民でもこれは本当にパニックです笑笑
JRやバスが止まるのはあるあるなので冬の北海道は地下鉄以外信じない方がいいです!

この事実から、瀬川結菜さんの通学経路は小樽~札幌まではJR、札幌駅からは地下鉄となります。

画像の下のルートは地下鉄のルートであり、確かに豊平川を経由しますが、地下を通っている事から豊平川を実際に目にする事は出来ず、ネットで噂されている「目にする」という事実と矛盾しています。

また、小樽にはオタモイ海岸と呼ばれる自殺の名所があり、アクセスにかかる時間は通学時間以下となっています。

オモタイ海岸は小樽駅から公共機関を利用して50分程度。通学時間である1時間30分の約半分です。

瀬川結菜ではなくAさんのTwitterアカウント「共通点が多い」

週刊文春や報道で紹介されているAさん。彼女は小野勇容疑者と会い、ダイレクトメッセージのやり取りをした人物として、報道で取り上げられています。このAさんと「ふゆ」という人物のTwitterアカウントには共通点が見られます。


まずは居住地ですが、Aさんが札幌在住である事は週刊文春より判明しています。

「『#札幌』『#うつ病』といったタグをつけて、病んだ内容の投稿ばかりをつぶやいていました。気が付けば、自然な流れで小野さんと相互フォローする関係になっていましたね。小野さんの投稿を見るうちに家が近所であることもわかってきて…。

引用元:《札幌・女子大生死体遺棄》「死にたい人を殺すことでしか役に立てない」“死神”小野容疑者が自宅で一夜を過ごした“自殺志願女性”に語った“転落の半生”【部屋にはボロボロのスヌーピー人形】

そして、「いちばん北」「豊平川」から、「ふゆ」という人物も札幌、もしくは近郊に住んで居る事は間違いないでしょう。

続いて、投稿の時系列や季節について見ていきましょう。Aさんと小野勇容疑者との関連を時系列にまとめてみました。

  • 2018年、Twitterの裏垢を開設し、小野勇容疑者のアカウントに行きつく
  • 2019年、小野勇容疑者の自宅を訪れる
  • 小野勇容疑者に殺される事に躊躇し、Aさんは連絡を絶つようになる
  • 3年後、再び小野勇容疑者のアカウントを発見
  • 小野勇容疑者にリプし、ダイレクトメッセージのやりとりが始まる

Aさんが小野容疑者と最初に接点を持ったのは2018年のことだ。人生に悩み、「死にたい」という思いが強くなったことから、思いの丈を吐き出すためにツイッターの「裏アカウント」を作り、投稿を繰り返していた。すると、小野容疑者との接触の機会は、すぐに訪れた。

それから3年後。Aさんは再び自殺願望の衝動が高まり、関連ツイッターを眺めていたところ、小野容疑者のアカウントを発見する。「本当に死にたいな。そういえばこんな人がいたな」と思い出し、小野容疑者にリプライを送ったらすぐにダイレクトメッセージが来た。そこでAさんは「確実に殺してくれるのかを確かめるため」に小野容疑者に質問を重ねたという。

引用元:《札幌・女子大生死体遺棄》「死にたい人を殺すことでしか役に立てない」“死神”小野容疑者が自宅で一夜を過ごした“自殺志願女性”に語った“転落の半生”【部屋にはボロボロのスヌーピー人形】

2018年に小野勇容疑者とTwitterで繋がったAさん。一度は小野勇容疑者に依頼を考えたそうですが、性的な欲求があった事で拒否。連絡を絶ちます。

この時、Aさんは小野勇容疑者の自宅に訪れ、身の上話を聞いており、彼の父親が亡くなっている事も話しているようです。

「『父が死んでから自分も死にたいという気持ちが強くなった』と話していました。小野さんは孤独を極めている人で、『誰かの役に立ちたい』としょっちゅう呟いていましたし、『死にたい人を殺すことでしか役に立てない』とも話していました。ただ当時の私は、この人には殺されたくないな、と思ってしまったんです。しかも、帰宅後にはLINEで『殺す前にやらせて』と性行為を求めるメッセージが来たため、ツイッターをブロックしていったん関係は途絶えました」

引用元:《札幌・女子大生死体遺棄》「死にたい人を殺すことでしか役に立てない」“死神”小野容疑者が自宅で一夜を過ごした“自殺志願女性”に語った“転落の半生”【部屋にはボロボロのスヌーピー人形】

小野勇容疑者の父親が亡くなったのは2019年。この事は、小野勇容疑者のインスタから判明しています。

時期を同じくして、Aさんは小野勇容疑者と連絡を絶っており、この時期は先ほどの理由から2019年となります。そして、3年後、つまり2022年に再開し、そのきっかけはリプ返信である事も分かっています。そして、「ふゆ」というアカウントのリプ返信は2022年6月に行われていました。

また、ダイレクトメッセージの内容から、季節の一致も見られます。リプ返信が行われたのは2022年6月24日で夏前。この事を踏まえ、文春で公開されたダイレクトメッセージの内容を見てみましょう。

真夏にならないければ
痛むの早いんでそしたら寒い時期の方が良さそうですね
秋がベストかな
冬は埋められないので埋めたりもするんですね
市外の山の中とか行くんですか?場所は内緒だけど処理した遺体の一部や骨は埋めます
堆肥を作る時に使う発酵促進剤とまぜてね
土に分解されるので

完全に行方不明の人の出来上がりですね
これから暑くなるからまだ先のことになるけどいっささんの言うこと

注目して欲しいのは「これから暑くなる」という一文。この事から、ダイレクトメッセージのやり取りが始まったのは夏前であり、季節も一致していますね。

Twitter投稿の時期や季節、そして住んでいる土地。Aさんと「ふゆ」には共通点が多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました