ニュース

渋谷区殺傷事件犯人の中学校は新曽根中学「美笹中学説はデマ」円山町事件

ニュース

8月20日に渋谷区で発生した殺傷事件。犯人は中学生3年生の少女であり、犯行動機などからも大きな注目を集めています。警察の調査によって、犯人の少女が通っている中学校が特定されたそうですが、生徒などに配慮し、公開はされていません。

渋谷区殺傷事件の犯人である15歳少女が通っていた中学校は一体どこだったのでしょうか?調べてみました。

渋谷区殺傷事件犯人が通う中学校は新曽根中学「Twitterから判明」

犯人少女が住んで居たの埼玉県戸田市。戸田市には現在、6個の中学校があり、このどこかが犯人少女が通っていた中学校である事は間違いありません。

  • 戸田市立喜沢中学校
  • 戸田市立笹目中学校
  • 戸田市立戸田中学校
  • 戸田市立新曽中学校
  • 戸田市立戸田東中学校
  • 戸田市立美笹中学校

この学校の中で、犯人少女が通っていた中学校として最も可能性が高いのが、新曽中学校です。


渋谷区殺傷事件が報道されると、「新曽根中学校」と書かれた投稿が相次いでいます。

埼玉県戸田市新曽中学校に通い、バスケ部所属。
このくらいの情報しかわかりません

パパ活少女
「塾に行ってくる」とは、パパ活の隠語
中3少女は母に命令され電車で…渋谷母娘刺傷事件

不機嫌になると態度に出る母に似てきた

戸田市立新曽中学校

渋谷区殺傷事件が発生すると、犯人少女の事についても発表され、彼女は部活に入っていた事が明らかになっています。

母親は警視庁の事情聴取に対し、「娘は部活を辞めたことや友達同士の派閥争いを理由に学校に行かなくなった」と話しているということです。

引用元:中学3年生の少女「死刑になりたい…」渋谷区の路上で“面識ない親子”を刺傷…「母の嫌なところに自分が似てきた…」家族関係で悩み?新たな供述も

この事から、「バスケ部所属」と矛盾はありません。

渋谷区殺傷事件犯人が通う中学校は新曽根中学「いじめを放置」

渋谷区殺傷事件の犯人である中学生少女は、いじめが原因で不登校となっています。そして、新曽根中学校の口コミを見てみると、いじめが日常的に行われていた事が分かります。

先生がgm
いじめ放置する癖に清掃、挨拶についてうるさい奴らばかり
・挨拶しようと言っているのに三年理科Aと三年社会の細い方が挨拶しないgm
しかも両方とも生徒によって態度変えるkz
・オンラインで集会出来るのにわざわざ体育館でする
しかもクーラー導入したのに使わないbk
・修学旅行の代わりの企画がgm
観光名所の歴史を調べてスライドにまとめる授業
行った事が無いのにまとめることなんかねーよ
ただの教師の自己満足

短い友達との学校生活を無駄にしたくないならこの学校はオススメしませんよ🤗

いじめもそのままにしていて、ただ制服が可愛いって評判だけ。
差別が激しいおすすめしない

googleマップに掲載された新曽根中学の口コミです。新曽根中学のいじめに関する投稿は3年前から行われており、1年前にもその点について記載がありました。

口コミが投稿された時期から考え、犯人少女が在学中も新曽根中学ではいじめが横行していた事は明白でしょう。この事実も報道の発表と矛盾がありません。

また、一時期、犯人少女が通っている中学校の制服はかわいいと投稿があったようです。現在、この投稿は削除されているようですが、口コミにも同様の記載があり、犯人少女が通っていた中学校が新曽根中学である可能性を示しています。

渋谷区殺傷事件犯人が通う中学校は美笹中学はデマ「武蔵浦和駅に行ったのは塾の駐輪場を使う為」

犯人少女が新宿に向かう行程で、武蔵浦和駅を利用した事が報道から発表されています。この事実からこの様な予測が投稿されていました。

武蔵浦和駅を自転車で利用するなら、美女木1丁目辺りが自宅か、美笹中学が濃厚。

使用した駅から、犯人少女が通っていた中学校が美笹中学である事が考察されています。

googleマップを利用し、武蔵浦和駅と戸田駅、そして、新曽根中学校と美笹中学の大まかな学区を示しました。緑が美笹中学の学区で青が新曽根中学校の学区になります。

確かに地図から考えると、武蔵浦和駅を利用する可能性があるのは、緑の円の上部、つまり美女木1丁目付近でしょう。そして、犯人少女が新曽根中学に通っていると考えると、最寄り駅は戸田駅、もしくは北戸田駅になり、武蔵浦和駅を利用する事に矛盾を感じます。

しかし、犯人少女が母親に語ったように、外出時は本当に塾に向かったとしたら、武蔵浦和駅を利用した事にも納得できます。


報道によると、犯人少女のカバンの中からは夏期講習用のテキストが発見されています。

カバンには凶器が入っていたので、ある程度殺意を持って家を出た事は間違いないでしょう。しかし、凶器以外にも夏期講習用テキストを持っていた事、そして先ほどお話しように、母親には塾に行くと言っていた事を併せて考えると、犯人少女は家を出た時は、塾に向かう気もあったはずです。

さらに、「電車内で犯行の意志を固めた」と語っている事を逆手に取ると、外出時はまだ迷っていたとも捉えられます。つまり、家を出た時の犯人少女の心情は「塾に向かう気持ちが半分、犯行に及ぶ気持ちが半分」という状態だったのです。


さて、ここで考えたいのが、犯人少女の塾があった場所です。これはかなりの高確率で武蔵浦和駅周辺でしょう。

犯人少女の最寄り駅であろう戸田駅周辺にも中学生向けの学習塾が存在しますが、ここには同じ中学校の生徒が通ってくる可能性が非常に高いです。そして、犯人少女は、中学校でいじめを受けていました。

この事から考え、同じ中学校生徒が通う可能性がある、戸田駅周辺の学習塾を選ぶとは考えられません。きっと少し離れた場所の塾を選ぶはずです。

その結果、新曽根中学から離れている武蔵浦和駅周辺の塾に通っていたと考えると、使った駅に関する矛盾は解決し、そこから通っている中学校を予想する事に疑問が残ります。

様々な事実から考え、犯人少女が通っていた中学校は、新曽根中学である可能性が非常に高いです。

渋谷区円山町事件概要「中学生少女が殺傷事件」

渋谷区で中学3年生少女が起こした事件概要を振り返ってみましょう。

東京都渋谷区円山町の路上で母と娘が刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された埼玉県戸田市の中学3年の少女(15)が「最近になって事件を起こすと決めた」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で判明した。また、凶器となった刃物については「自室に置いてあったものを使った」と説明をしていることも判明。警視庁少年事件課は計画性の有無などについて慎重に調べている。同課は22日、殺人未遂容疑で少女を送検した。
関係者によると、少女は母親と弟の3人暮らし。調べに対し「自分の母と弟を殺すつもりだったが、本当に人を殺せるか試したかった」「たまたま見つけた2人を刺した」と供述している。
母を殺害しようと考えた時期や理由については「最近、母親の嫌いな癖に自分も似てきたと感じて嫌だったから」と説明しているという。
現場からは凶器とみられる包丁(刃渡り約8・5センチ)のほか、折りたたみナイフ(同約9センチ)と果物ナイフ(同約7・5センチ)が見つかっている。いずれも少女が自室で保管していたものという。
事件を受け、少女の通う中学のある戸田市教育委員会は22日、記者会見を開いた。戸ケ崎勤教育長は「現時点で少女の名前や学校は特定できていない」とした上で、「事件を防ぐ手立てはなかったのか。原因究明と子どもたちの心のケアに努めていきたい」と話した。
一方、近所の人には少女の家族は仲が良く見えたという。40代女性は「家族3人で外食に出掛ける姿をよく見かけた。(少女は)会えば会釈をしてくれて、母親が仕事の時には代わりに洗濯を干したり、ゴミ出しをしたりしていた。トラブルは聞いたことがない」と話していた。

  • 8月20日夜、渋谷区円山町で母と娘が刺される
  • 犯人として逮捕されたのは15歳の中学生少女
  • 少女は母親・弟との3人暮らし
  • 母親と弟を殺す事を計画し、その予行演習として事件を起こした
  • 現場からは、凶器とみられる包丁の他、折りたたみナイフがと果物ナイフが見つかっている

事件が起こったのは8月20日の夜。渋谷区円山町を歩いていた母親と娘が刺されるという事件が発生しました。この事件の犯人として、中学校3年生の少女15歳が逮捕。

犯人少女は母親と弟を殺す為の予行演習として事件を起こしたと供述。現場からは凶器とみられる刃渡り8.5㎝の包丁の他、折りたたみナイフや果物ナイフが見つかっています。刃物は全て少女が自宅で保管している物でした。

事件後の発表後、近隣住民によると、少女と家族のトラブルは聞いた事がなく、仲の良い家族に見えたとは語っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました