炎の体育会TV(10月17日)野球マスクマンの正体は誰?【WBCメダリスト】

10月17日に放送される炎の体育会TVでは再び野球マスクマンとの対決が企画されていますね。

今回の野球マスクマンはWBCでメダリストとなった二人組で右投げ、左投げのピッチャーが登場します!

この野球マスクマン、一体誰なのでしょうか?少し考えてみましょう!

スポンサーリンク

炎の体育会TV(10月17日)の放送内容は?

まずは10月17日に放送される炎の体育会TVの内容を見ていきましょう!

今回の放送は19時から放送の2時間スペシャル。そして毎回恒例の野球マスクマンとの対決も企画されていますね。

炎の体育会TVは対決終了まで正体を明かさないんで野球マスクマンが一体誰なのか気になる人が本当に多いでしょう!

では、10月17日の放送で登場する野球マスクマンの正体が誰なのか考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

炎の体育会TV(10月17日)の野球マスクマンの正体は誰?

今回登場する野球マスクマンにつながる最大のヒントは「WBCでメダリストとなった」という点ですね。

実はWBCには銅メダルという物が存在しないのでメダリストとなるには決勝まで勝ち進まないと行けないんです。そして日本が決勝まで勝ち進んだ大会は第1回である2006年。そして第2回大会である2009年の2回。

つまりこの時参加したピッチャーの中に今回マスクマンとして登場する選手がいるという事になります!

では、2006年大会、2009年大会の参加投手を左右別で見てみましょう!

2006年大会・2009年大会の右ピッチャー
清水直行
久保田智之
松坂大輔
上原浩治
薮田安彦
藤川球児
渡辺俊介
大塚晶則
小林宏之
馬原孝浩
ダルビッシュ有
馬原孝浩
田中将大
涌井秀章
岩隈久志
小松聖
2006年大会・2009年大会の左ピッチャー
藤田宗一
和田毅
杉内俊哉
石井弘寿
岩田稔
内海哲也
山口鉄也

あまりにもヒントが少ないのでこれ以上絞ることはできないのですが、確実に違うのはダルビッシュ選手や田中将大選手のような現役、しかもメジャーで活躍している選手でしょうね。

となると松坂大輔選手も違うでしょうし、知名度などを考えると上原浩治選手や藤川球児選手はペアじゃなくて一人で参加する可能性の方が高そう…

そしてもう一つ気になるのが予告冒頭で左ピッチャーが打たれているシーン。背番号が16となっていますね。

この背番号ももしかしたら何かしらの意味があるのかもしれません。ちなみにピックアップした左ピッチャーで過去に16番という背番号を付けていた選手はいませんでした。

まぁ、10月17日の放送は生放送となっているのでもしかしたら全く別の映像という可能性もありますが…

投球フォームなどが判明するならもっと絞る、もしくは予想が立てられるんですがこちらも情報がありません。

どちらにしろ野球マスクマンの正体は10月17日の放送を見ないとわからなそうですよね!正体については番組を見ながら追記したいと思います!

スポンサーリンク

炎の体育会TV(10月17日)の野球マスクマンについてまとめると?

10月17日に放送される炎の体育会TV。今回の放送では恒例企画である野球マスクマンとの対決が予定されています。

この野球マスクマンが一体誰なのかは放送を見ながら追記したいと思いますので10月17日まで待っていてくださいね!

スポンサーリンク