安倍晋三元総理銃撃事件

山上徹也手紙の送り主は米本和弘「カルト教団を目の敵に」島根在住ジャーナリスト

安倍晋三元総理銃撃事件

安倍元首相を銃撃した山上徹也容疑者が、事件前にブログ運営者に、手紙を投函していた事が分かりました。元首相の殺害を示唆するこの手紙ですが、山上徹也容疑者はどのブログ主に送ったのか?

山上徹也容疑者が手紙を送ったブログや運営主について見ていきましょう。

山上徹也が手紙を送ったブログは「あと10年をポジティブに生きる記録」

山上徹也容疑者が安倍元首相殺害前に送ったとされる手紙がこちらです。

ご無沙汰しております。「まだ足りない」として貴殿のブログに書き込んでどれぐらい経つでしょうか。

私は「喉から手が出るほど銃が欲しい」と書きましたがあの時からこれまで、銃の入手に費やしてまいりました。その様はまるで生活の全てを偽救世主のために投げ打つ統一教会員、方向は真逆でも、よく似たものでもありました。
私と統一教会の因縁は約30年前に遡ります。母の入信から億を超える金銭の浪費、家庭崩壊、破産…この経過と共に私の10代は過ぎ去りました。その間の経験は私の一生を歪ませ続けたと言って過言ではありません。
個人が自分の人格と人生を形作っていくその過程、私たちにとってはそれは、親が子を、家族を、何とも思わない故に吐ける嘘、止める術のない確信に満ちた悪行、故に終わる事のない衝突、その先にある破壊。
世界中の金と女は本来全て自分のものだと疑わず、その現実化に手段も結果も問わない自称現人神。
苦々しくは思っていましたが、安倍は本来の敵ではないのです。あくまでも現実世界で最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎません。
文一族を皆殺しにしたくとも、私にはそれが不可能な事は分かっています。分裂には一挙に叩くのが難しいという側面もあるのです。
現実に可能な範囲として韓鶴子本人、無理なら少なくとも文の血族の一人には死んでもらうつもりでしたが鶴子やその娘が死ねば3男と7男が喜ぶのか或いは統一教会が再び集結するのか、どちらにしても私の目的には沿わないのです。
安倍の死がもたらす政治的意味、結果、最早それを考える余裕は私にはありません。

この手紙から、山上徹也容疑者が「まだ足りない」という名義でブログにコメントしていた事、喉から手が出るという書き込みをしていた事が分かります。そして、これらの条件と一致する書き込みが見つかっています。

因果はここに巡りに来にけり
米本氏には悪いがもう少し語らせてもらう。家族を尊重する社会こそあれ、
この世どこにも家族を騙し、奪い、争わせる事を奨励し、あろう事かそれを喜びさえする集団を是とする社会は無い。それ故に統一教会もその価値を利用する。ヒトラーやスターリンに並べるべきなのは言うまでもない、統一教会の所業が彼らに比肩し得る人類に対する罪レベルだからだ。
こんなものが今の今のまで存在する事は人類の恥としか言いようがない汚点だ。彼らは彼らの行った業によって
衆人環視の元、その嘘と骨肉の争いを
死ぬまで晒し続けるしかないのだ。
いずれ誰かが殺されるだろう。私と社会にはそれをビールでも飲みながら娯楽として消費する権利がある。
行使するかは自由だが。だが言っておく。
復讐は己でやってこそ意味がある。
不思議な事に私も喉から手が出るほど銃が欲しいのだ。
何故だろうな?
[2020/12/16 20:39] URL | まだ足りない [ 編集 ] TOP ▲

「まだ足りない」という名前でのコメント、そして「喉から手が出るほど銃が欲しい」という書き込みが完全に一致しています。

また、このブログのトップページには、ブログ主の住所も記載されており、手紙が送れる事も分かります。

報道では手紙を送ったブログ主を「島根在住のジャーナリスト」と発表しており、在住している県は同じです。

「まだ足りないという名義の一致」「手紙との内容が同じ」「ブログ主に手紙を送れて、在住している県が一致」

以上の事から、山上徹也容疑者が書き込みをしたブログはここで間違いありません。

そして、山上徹也容疑者が書き込みをしていたブログですが、「あと10年をポジティブに生きる記録」というタイトルで運営され、ブログ主は米本和弘さんという方です。

このブログには統一教会への記事が多数書き込まれており、この部分も報道と一致しています。

山上徹也が手紙を送ったブログ主は米本和弘「カルト教団の記事を書いていたルポライター」

山上徹也容疑者が手紙を送ったブログ主、米本和弘さんがどのような人物なのか見ていきましょう。

引用:http://dailycult.blogspot.com/2012/02/blog-post_11.html

  • 氏名:米本和弘
  • 年齢:71歳もしくは72歳
  • 生年月日:1950年生まれ
  • 出身地:島根県
  • 出身大学:横浜市立大学

米本和弘さんは1950年島根県で生まれ、横浜市立大学卒業後は、繊研新聞として仕事をしています。その後、フリーライターに転身。

「洗脳の楽園―ヤマギシ会という悲劇」「カルトの子」「我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇」などの書籍も発表しています。

そして、2009年にはブログ・火の粉を払えを運営。このブログが、あと10年をポジティブに生きる記録の前身となりました。

ルポライターとしてカルト批判の原稿を書いてきた米本和弘さん。批判対象となった団体から、裁判で訴えられた経験も多数あるのですが、反カルトの人達からも同様に批判を受けている事を、ブログで発表しています。

この事実について、米本和弘さん本人は「奇妙な事」と語っており、ブログ名である「火の粉」は反カルトの人達の批判の事をさしているそうです。

長年、宗教批判、カルト批判の原稿を書いてきた。

当然のことながら、批判の対象となった団体からの評判は悪い。「幸福の科学」「ヤマギシ会」「ライフスぺース」「コスモメイト(現ワールドメイト)」などは裁判で訴えてきた。(いずれも勝訴)
統一教会は、『世界日報』日曜版で、ヤマギシ会との裁判について1、2面を使って、私の顔写真まで載せ、批判をした。

その逆に、奇妙なことに、反カルト、人権正義派の立場の人たちからも批判を受けてきた。97年に出版した「洗脳の楽園?ヤマギシ会という悲劇」では、ヤマギシ会に反対する「ヤマギシを考える全国ネットワーク」がホームページに「取材過程が虚構だ」という批判文章を掲載した。

悪評高き統一教会(統一協会)信者の脱会方法を材料に、
99年に「ドキュメント救出」(「別冊宝島」救いの正体)
04年に「書かれざる「宗教監禁」の恐怖と悲劇」」(月刊「現代」)
08年に「我らの不快な隣人?統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇」(情報センター出版局)
を書いた。

反統一協会陣営の人びとは、水面下で、また一般の人が読めない媒体で批判してきた。

徒然草ではないが、物言わざるは腹膨るるわざなり。そればかりか批判(火の粉)を無視すれば批判を認めたことになってしまう。

その他、米本和弘さんへの批判は多方面からあったようで、一部のメディアでは、統一教会問題に対応している弁護士を批判した事で、「統一教会を擁護している」とも言われています。

ブログではデマと妄想を書き連ね、統一協会問題に取り組む弁護士・宗教家・学者・元信者・メディア関係者などに対し執拗な誹謗中傷を繰り返しているが、本紙記者に対しても悪質な口撃を仕掛けてきた。“ルポライター”を自称し、反カルト関係者を誹謗中傷する米本和広氏の社会的問題性について論じる。

引用元:本紙記者を誹謗中傷する自称“ルポライター”米本和広氏、その社会的問題性に迫る

統一協会の勧誘手口についても、しきりに統一協会を擁護する米本氏。勧誘時にインフォームドコンセントが為されていないことや意思決定への侵害が問題とされているのだが、それすらも理解できていないようだ。
カルト問題に取り組む関係者を、当のカルト団体と歩調を合わせ共に口撃することに躍起になる米本氏。悪質な誹謗中傷を繰り返すその姿は米本氏の社会的問題性を浮き彫りにさせる。

引用元:本紙記者を誹謗中傷する自称“ルポライター”米本和広氏、その社会的問題性に迫る

同様の指摘は、彼の書いた著書である「我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇」の読者からもあり、「統一教会を擁護しているように読める」と書き込みがありました。

これはまた非常に読むのが難しい本だ・・・。
「是是非非で」と筆者自身が書いているとおり、どちらの味方をしているというわけでもないのだ。なのだが、ぱっと見ると、統一教会を擁護しているように読めてしまう。
奪回させるための拉致監禁というのがある(そして大きな問題がある)ことがわかっただけでもよしとするか。

余談ですが、米本和弘さんのブログには、統一教会以外にも様々な出来事について記載されており、安倍総理に関する記事も投稿されていました。

米本和弘さんが安倍元首相に対して、批判的な見解を持っていた事が分かる投稿となっています。

山上徹也のブログへの書き込み「米本和弘とコメントで口論」

「喉から手が出るほど銃が欲しい」というコメント以外にも、山上徹也容疑者はブログに様々なコメントを投稿しています。しかし、山上徹也容疑者の考えは、米本和弘さんとは一致しなかったようで、度々コメントで口論を行っていました。

人類滅亡計画
おもしろいですね(笑)
滅亡させて誰に何の得があるのかと思ったら、奴隷化計画でしたか。

統一さんは既に統一教会の奴隷なんだから気にする必要ないような…(笑)

人類が共産暴力奴隷になったら文一族の人類奴隷化計画がおじゃんですもんね。
大変だ(笑)
[2020/09/07 03:30] URL | まだ足りない [ 編集 ] TOP

Re:人類滅亡計画
わずか数行の文に(笑)が4つ。
言語不明瞭、意味も不明瞭。(大爆笑)

統合失調症か妄想障害か。

病院を紹介しましょうか。あっ、一心病院はコロナで休業中だった。世界のバカ王に紹介してもらってくださいな。
[2020/09/07 10:03] URL | 米本 [ 編集 ] TOP ▲

相対基準
米本さんは形式張った事がお好きなようで(笑)

別に米本さんを揶揄するのが目的ではないですよ(笑)

陰謀論やカルトに有効なのは多大なエネルギーを費やして中途半端な論理性で否定するより、相手にしない事です。
私もそうですが、何かの相手を真面目にすれば影響を受けるのも避けられません。

相対基準を結ばないのが正解ですよ(笑)
分かってやっておられるのも承知ですが(笑)

まさか統一教会が文一族による人類奴隷化計画だというのが陰謀論だとおっしゃる訳ではないでしょう?(笑)
[2020/09/07 11:34] URL | まだ足りない [ 編集 ] TOP ▲

米本さんはお気に召さないだろうが一点だけ。

「祝福家庭を無下に否定すべきでない」

それは随分虫がいい。
日本中の一般家庭、非祝福家庭を
騙し、透かし、奪い、裏切りと憤怒の場に変えて来た(それが目的とすら言える)統一教会の純製家庭は否定され当たり前。

因果応報。

助かる道などある訳がない。

[2020/09/08 14:28] URL | まだ足りない [ 編集 ] TOP ▲

「まだ足りない」さんへ
ハンドルネームを変えられたら、どうでしょうか。小生の場合、まだ何が足りないだろうか、と数秒考えてしまいます。「祝福家庭を無下に否定すべきでない」この言葉は小生が述べたものではありません。しっかりしてくださいな。「統一教会の純製家庭」
はあ~~?[2020/09/08 18:25] URL | 米本 [ 編集 ] TOP ▲

考える必要ありませんよ。
米本さんに何かが足りないと言ってる訳ではないので。
読めば分かる通り。まぁ敢えて言うなら
安易に素人が公開の場で誰かに精神病と言い続けるなら
いずれ問題になっても不思議ではないかもしれませんね。私はただただ統一教会が気に入らない、それだけですよ。[2020/09/08 21:16] URL | まだ足りない [ 編集 ] TOP ▲

闇もまた見つめている
何らかの形で統一教会に関わる者、関わらざるを得なかった者(霊感商法の被害者も含む)が幸福になるには
統一教会に囚われ続ける事が障害になるのはその通り。が、善悪は個人の幸福とは別に存在している。一人の狂人の誇大妄想、際限なき欲望、病的な自己愛が為に金を奪い、家族を奪い、幾多の個人の人生を狂わせたのは万死に値する罪ですよ。そんな悪の権化を今日も「⭕⭕様」と崇め奉り国会議員すら参列させ「勝利!」(悪がこの世に勝利したとでも言いたいのか?)と宣言する世の中な訳です。必要なのは許す事でも忘れる事でもない。
彼等の罪を償わせ切ること。同じ人間が長い年月かけ捨身で築いたものを破壊するのが容易ではない。
どれだけ平和を願おうとも武器を持ち迫る者と戦えば自分も同じ穴の狢。
屈する者は負け犬という。統一教会が信者を犠牲に築いて来た今を破壊しようと思えば、
最低でも自分の人生を捨てる覚悟がなければ不可能ですよ。
(それは米本氏も身を以て知っているはず)

統一教会が滅んで悲しむのはこの世に害なす事が生き甲斐の者しかいない。
何の遠慮がいろうか?

我、一命を賭して全ての統一教会に関わる者の解放者とならん

[2020/12/12 23:41] URL | まだ足りない [ 編集 ] TOP ▲

1%の訳がない
米本氏は本気で「統一教会への献金で問題になったのは1%」などと信じているのか?
また金でも貰ったのか?統一教会が金を巻き上げたのは主に誰からか。
信者の大半はどんな人々か。一人で信じて自分の金を延々巻き上げられたのならまだいい。
自己責任とも言える。現実はそうではない。
何らかの問題を抱え、悩みに、弱さに付け込まれた一人の信者の、或いは被害者の裏には彼らの家族がいる。そして信じた者が何をしてきたか。
意図的に、或いは教会に言われ、
「使命」として家族を巻き込み続けた。断言してもいいが統一教会が責められるべき献金は1%ではない。私は知っている。
子供のため、一度は愛した妻のため、払いたくもない金を泣く泣く払い続ける夫を。
それを嬌声をもって手柄話にする信者たちを。
憔悴し切った家族に笑みを浮かべて説法する信者を。

被害者が黙り続ける限り問題は起こらない。
全ての人間がヒトラーにひざまづけば第二次大戦が起こる訳がない。
少し自分のために何かを見ないようにするだけでいい。
至って平和だ。

世界平和家庭連合?
ポルポトか?
スターリンか?
ヒトラーか?
どんな地獄だ?

人の生き血はどんな味だ?

[2020/12/15 21:06] URL | まだ足りない [ 編集 ] TOP ▲

1%の訳がない
カッカしなさんな。
出発点が狂っている。だから、意味不明に、ヒットラーとかスターリンに行ってしまうのです。(笑)
[2020/12/16 10:16] URL | 米本 [ 編集 ] TOP ▲

因果はここに巡りに来にけり
米本氏には悪いがもう少し語らせてもらう。家族を尊重する社会こそあれ、
この世どこにも家族を騙し、奪い、争わせる事を奨励し、あろう事かそれを喜びさえする集団を是とする社会は無い。それ故に統一教会もその価値を利用する。ヒトラーやスターリンに並べるべきなのは言うまでもない、統一教会の所業が彼らに比肩し得る人類に対する罪レベルだからだ。
こんなものが今の今のまで存在する事は人類の恥としか言いようがない汚点だ。彼らは彼らの行った業によって
衆人環視の元、その嘘と骨肉の争いを
死ぬまで晒し続けるしかないのだ。
いずれ誰かが殺されるだろう。私と社会にはそれをビールでも飲みながら娯楽として消費する権利がある。
行使するかは自由だが。だが言っておく。
復讐は己でやってこそ意味がある。
不思議な事に私も喉から手が出るほど銃が欲しいのだ。
何故だろうな?
[2020/12/16 20:39] URL | まだ足りない [ 編集 ] TOP ▲

まだ足りないさんにイエローカード
ブログのテーマは「統一と反統一との奇妙な一致」です。
しばらく投稿は控えてください。
[2020/12/17 08:22] URL | 管理人 [ 編集 ] TOP ▲

激しく病的な思い込み。
ブログでは、
「ビデオセンターに勧誘された人のうち祝福結婚(合同結婚式)に参加するまでに至った人は、統一教会の資料によればたったの1%だという。」
と書いているのに、まだ足りないさんは、
「米本氏は本気で「統一教会への献金で問題になったのは1%」などと信じているのか?また金でも貰ったのか?」病的なまでの思い込みである。統一教会に入信した1%に共通するのは、事実を確かめることなく、原理は正しいと思い込んでしまうことにある。退会しても、きちんと総括できなければ、統一のまんまである。そのことに気がつかないから、哀れというか滑稽というか。
[2020/12/18 08:42] URL | 米本 [ 編集 ] TOP ▲

山上徹也容疑者の投稿は2020年に集中しており、12月16日を最後に行われていません。そして、2022年7月に、山上徹也容疑者から、ブログ主である米本和弘さんへ、手紙が送られる事となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました