安倍晋三元総理銃撃事件

山上徹也は奈良コンピュータ専門学校に進学「学費は国立大学以下」阿部元総理襲撃事件

安倍晋三元総理銃撃事件

阿部元総理大臣を射殺した山上徹也容疑者。事件から数日たち、山上徹也容疑者について色々と判明しました。

当初は同志社大学に通っていたと言われていた山上徹也容疑者ですが、実は専門学校卒である事も現在話題になっています。

母の自己破産で大学進学を諦めたと言われている山上徹也容疑者。彼が通っていた専門学校について見ていきましょう。

山上徹也の専門学校は奈良コンピュータ専門学校「陰キャはコンピューターが好き」

難関高校卒業後、専門学校に進学した山上徹也容疑者。1999年に奈良の名門校・郡山高校を卒業しています。2022年時点の数字ですが、郡山高校の偏差値は68。県内でも有数の進学校である事が分かります。

そんな高校に入学した山上徹也容疑者。当初は一流大学に進学したと考えられており、「同志社大学に入学した」と言われていました。

しかし、蓋を開けてみると、同志社大学入学はデマである事が判明。後述しますが、高校卒業から海上自衛隊入隊の期間、そして、大学からの発表などが理由となり、同志社大学説は完全に否定されています。


そして、新しく浮上した噂が、専門学校への進学でした。この噂が浮上すると。山上徹也容疑者が通っていた専門学校にも注目が集まり、特定作業も進んでいます。

では、彼が進学した専門学校は果たしてどこだったのか?

山上徹也容疑者は奈良県で育ったことが分かっており、専門学校も同じ県内の学校に通ったと考えられます。奈良県内の専門学校を調べてみると、現在21校の学校がある事が分かりました。

  • 奈良リハビリテーション専門学校
  • 大原和服専門学園
  • 関西学研医療福祉学院
  • 田北看護専門学校
  • 奈良きもの芸術専門学校
  • 奈良県医師会看護専門学校
  • 奈良県立なら食と農の魅力創造国際大学校
  • 奈良県立病院機構看護専門学校
  • 奈良コンピュータ専門学校
  • 奈良歯科衛生士専門学校
  • 奈良総合ビジネス専門学校
  • 奈良調理製菓専門学校
  • 奈良保育学院
  • 奈良理容美容専門学校
  • ハートランドしぎさん看護専門学校
  • 藤影きもの専門学校
  • 大和高田市立看護専門学校
  • ル・クレエ橿原美容専門学校
  • わかばね調理専門学校

この中で、最も可能性があるのは奈良コンピュータ専門学校なのではないでしょうか?山上徹也容疑者の資格、学費面などからその可能性が示されています。

山上徹也の資格「専門学校では習得していない」

山上徹也容疑者は様々な資格を持っている事が判明しています。

1999年に進学校として知られる奈良県の県立高校を卒業した。
2002~05年は任期制の自衛官として海上自衛隊で働いた。
その後は測量会社でアルバイトをしながら測量士補の資格を取得し、宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーの資格も取った。最近10年ほどは職場を移りつつ、派遣社員としてフォークリフトを使った仕事に従事していたという。

引用元:「口数少ない」「仕事は時間内に」 安倍氏銃撃、容疑者を知る人は

  • 測量士
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • フォークリフト

以上が、現在まで分かっている山上徹也容疑者が所持している資格ですね。

仮に看護や美容、歯科衛生士などの専門学校に通っていれば、「看護師」「美容師」「歯科衛生士」などの資格も発表されているはず。しかし、それが無い事を考えると、これらの専門学校には通っていなかったことが分かります。

また、大原和服専門学園や奈良きもの芸術専門学校、藤影きもの専門学校も、和裁技能士という資格習得を目指しており、こちらが記載されていない事から、可能性としては低いでしょう。

となると、可能性として考えられるのが、

  • 奈良コンピュータ専門学校
  • 奈良総合ビジネス専門学校
  • 奈良県立なら食と農の魅力創造国際大学校

のいずれかです。

山上徹也容疑者の専門学校は学費が安い「家庭は困窮していた」

山上徹也容疑者の母親は宗教団体に傾倒していたそうで、家のお金をこの団体につぎ込んでいます。当時、山上徹也容疑者の一家は、食べるもにも困っていたそうですよ。そして、2002年に山上徹也容疑者の母親は自己破産にまで追い込まれています。

この経済状況で、山上徹也容疑者が通える専門学校はかなり学費が安い事が絶対条件です。地元の奈良にあり、学費が安い専門学校こそが、山上徹也容疑者進学した学校である可能性は高いでしょう。

山上徹也容疑者の専門学校候補が、どの程度の学費を必要とするか、見ていきましょう。

  • 奈良コンピュータ専門学校:初年度107万円
  • 奈良総合ビジネス専門学校:初年度99万円
  • 奈良県立なら食と農の魅力創造国際大学校:25万4450円~121万7800円

圧倒的に安いのは奈良県立なら食と農の魅力創造国際大学校の25万4450円ですね。この学費は、奈良県立なら食と農の魅力創造国際大学校アグリマネシメント学科の物ですが、こちらに入学するには「卒業後、県内で就農または農業法人等への就職を希望する者」という条件があります。

山上徹也容疑者は専門学校卒業後、自衛隊に入隊している事から当てはまりません。


残るのは、奈良コンピュータ専門学校と奈良総合ビジネス専門学校のどちらかですが、奈良総合ビジネス専門学校は女性専門の学校となっている事から除外。

消去法的に、山上徹也容疑者の通っていた専門学校は奈良コンピュータ専門学校だと考えられるんです。


奈良コンピュータ専門学校は2年生の学校で、総合学費は204万円。国立大学の学費は4年間で約244万円、同志社大学に至っては411万3000円~604万1000円であり、これらと比較すると、奈良コンピュータ専門学校の学費は、十分安いと言えるでしょう。

山上徹也の大学が同志社はデマ「試験に合格したが入学はしていない」

安倍元総理襲撃事件で山上徹也容疑者について注目が集まると、彼の学歴にもたくさんの人が着目しています。

この時に浮上した説として有力視されていたのが、同志社大学。しかし、これは山上徹也容疑者の経歴から考えて、少し矛盾がありました。

彼が高校を卒業したのは1999年で2002年に自衛隊に入隊しています。つまり、4年生の同志社大学に入学するのは、時間的に不可能です。


そんな中、次に浮上したのが同志社大学中退説。しかし、こちらもデマである事が分かっています。7月11日、同志社大学から発表があり、山上哲也容疑者が同大学に入学していなかったのです。

上容疑者は奈良県の県立高校を卒業した。一部では関西の名門・同志社大に合格したと報じられ、SNS上でもその学歴が拡散していた。同志社大は東スポWebの取材に対し、ネットニュースやネットユーザーの投稿で、山上容疑者が同大生だったとの情報を把握していたと説明。その上で学内で確認し、同大に在籍した事実はなかったと説明した。

引用元:安倍元首相銃撃の山上容疑者「同志社大入学」はガセだった 大学側が否定

先ほどお話ししたおとり、山上徹也容疑者の母親は宗教団体に傾倒しており、家庭のお金を次々に投資していました。このお金の中に、山上徹也容疑者の大学費用が含まれていたのでしょう。

県内でも指折りの進学校に入学し、山上徹也容疑者。当然、進学先の大学も一流の学校を考えていたはず。そして、その学力もあったのでしょう。

「同志社大学に通っていた」という噂が出ているくらいなので、試験には合格していた可能性は十分にあり得ます。しかし、母親を惑わした宗教団体のせいで、学費を工面する事は出来ずに、入学を辞退。

この時、山上徹也容疑者はどれだけ絶望したのでしょうか。有名進学校に通っていた事から、周りの人物は難関大学に入学したでしょう。

本来なら自分もその一員なのに…母親を惑わせた宗教団体さえいなければ…

山上徹也容疑者がこの様に思ったのは、間違いありません。考えるだけで、可愛そうになり、涙が出てきます。

高校卒業時から、宗教団体に恨みを抱いており、その後、20年以上もこの思いを抱えて、生きてきました。

そんな山上徹也容疑者が宗教団体に復讐したいと考えるのは必然です。そして、憎い宗教団体と深いかかわりがある阿部元総理が狙われた。

事件の背景から、山上徹也容疑者も被害者の一人です。世間的には完全に悪役と見られている山上徹也容疑者ですが、彼の生い立ちや事件の背景を考えると、同情を覚えて仕方がありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました