ニュース

吉川赳のパパ活はハニートラップ「選挙前でタイミングバッチリ」

ニュース

岸田首相派閥のホープとして知られる吉川赳(よしかわたける)衆議院議員のパパ活がリークされ、大きな注目を集めています。

報道によると、吉川赳議員は18歳の女子大生と高級焼き肉店に食事に行き、飲酒を勧めます。そして、この時にお小遣いとして4万円を渡し、その後、都内の高級ホテルに消えていきました。

一見すると吉川赳議員の暴走に見える今回の事件。しかし、吉川赳議員のパパ活はハニートラップである可能性も捨てきれません。吉川赳議員が行ったパパ活について見ていきましょう。

吉川赳のパパ活はハニートラップ「タイミングがバッチリで相手の言動が変」

6月9日に報道された吉川赳議員のパパ活。18歳の女子大生と飲酒し、ホテルに消えていくという行動に、多くの国民があきれ果てています。

あってはならない議員のパパ活。しかし、今回のパパ活はハニートラップの可能性が否定できません。

  • 選挙前のタイミングでのパパ活リーク
  • パパ活相手の言動

情報リークのタイミングがあまりにも良すぎ、しかも、パパ活相手の女子大生の発言には疑問がありました。

吉川たけるのパパ活は選挙前「ハニートラップのタイミングとしては最適」

現職の議員である、吉川たける議員が起こしたパパ活。この不祥事は本人だけではなく、彼が所属する自由民主党にも多大な影響を及ぼします。

そして、このタイミングで行われるのが第26回参議院議員選挙です。

2022年7月に開催される予定であり、自由民主党の評判を下げるにはこれ以上ないタイミングと言えるのではないでしょうか?


断っておきますが、吉川たける議員は現職の衆議院議員の為、今回の参議院選挙には出馬しません。しかし、自民党議員の不祥事は、同じ所属の出馬者に大きな影響を与えるのは間違いないですよね。

特に比例代表制での影響は甚大なのではないでしょうか?


比例代表制は政党ごとに獲得投票数を計算し、順位を付けます。そして、その順位に応じて、政党は議席を獲得できるという方式ですね。

  1. A党:獲得投票数1位⇒獲得議席5席
  2. B党:獲得投票数2位⇒獲得議席3席
  3. C党:獲得投票数3位⇒獲得議席1席

具体例を挙げて、比例代表制について見ていきましょう。

比例代表制では、有権者が政党、もしくは政党に属する候補者の名前を記入します。そして、その合計獲得票数によって各政党の順位を決定する訳ですね。

余談ですが、候補者の名前を書いた場合は、その候補者が所属する政党に票が入ります。

そして、この順位に応じて政党は議席を獲得。つまり、獲得票数が多い、政党はより多くの参議院議員を輩出する事が出来るわけですね。例を見てみると、獲得投票数1位のA党が5席、2位のB党が3席、3位のC党が1席となります。

この方法で選挙を行う上で、政党の不正やスキャンダルは非常に不利なのは言うまでもありません。その為、選挙前は特に不祥事を避けたい時期です。

そんなタイミングでリークされた、吉川たける議員のパパ活。参議院選挙で自民党が不利な立場に追い込まれたのは間違いありません。

吉川赳のパパ活相手のコメントに疑問「肉体関係が無いパパ活は考えられない」

吉川赳議員のパパ活相手として報じられている18歳の女子大生。報道には彼女のコメントも発表されています。

「4万円のお小遣いをいただいて、バーに行くだけだからって……。バーだったはずがホテルの部屋で飲むと言われて。何も考えずについて行ってしまった私が悪いんです」
しばらく青ざめて俯くXさんに、ホテルの部屋で何をしていたのかを記者が重ねて問うと、苦しそうにこう口を開いた。
「ルームサービスでお酒を頼んだあと、すぐに吉川さんにベッドで服を脱がされて……。私、経験がなかったから、怖くて過呼吸になってしまい。経験がないからと何度も拒否をしたら、『胸を見せて』と言われて、吉川さんは私を見て自慰行為を始めて……。私、断わるのが苦手で。部屋に行った私が悪いんだとわかっています。本当にごめんなさい」
そう語ると、Xさんは立ち去ってしまった。

引用元:【全文公開】岸田派ホープ吉川赳・衆議院議員、18歳女子大生とパパ活飲酒 「俺、18歳に興味あるわ」「胸を見せて」高級ホテルで何があったのか

パパ活相手の発言をまとめると以下の通りですね。

  • 吉川赳議員がお酒を勧めてきた
  • 4万円のお小遣いを貰った
  • バーに行くだけだったが、ホテルに連れていかれた
  • 吉川赳議員にベッドで服を脱がされた
  • パパ活相手は肉体関係の経験が無く、過呼吸になった
  • 何度も拒否したら、「胸を見せて」と言われた

しかし、パパ活経験者はこの発言に違和感を覚えたようです。

パパ活しているおじさんの目的って結局は肉体関係。肉体関係無しのパパ活で良いお金稼ぐのって本当に大変だよ。4万円のお小遣いって額から考えたら、どうしても肉体関係ありきのパパ活だとしか思えない。
それにパパ活している女の子がその事を知らないわけないし、そもそも経験ない人がパパ活するとも思えない。肉体関係無しでお金稼ぎたいならキャバ嬢って方法もあるし。パパ活経験者から見たら、この女子大生の発言が変だってすぐ分るよ。
ちなみに、パパ活で長期同じ人と合うのもけっこう大変で、大抵は3回くらいあったら切れる。よっぽど相手の好みと一致したなら話は別だけどね。

パパ活経験者から個人情報を載せないという約束でお話を聞くことが出来ました。

どうやらパパ活を行っている人たちにとって、お相手との肉体関係は常識のようです。また、「肉体経験が無い様な女性が、この世界に足を踏み入れるとは考えにくい」とも話していました。

パパ活経験者の話を聞いた後で、女子大生の発言を見返すと確かに違和感を覚えます。さらに、「女子大生は青ざめながら当時の事を語った」という一文も吉川赳議員の印象を、大きく下げる事に一役買っていますよね?

パパ活経験者からが「あり得ない」と語る女子大生の発言や選挙直前でのリーク。そして、吉川赳議員をより大きな悪役にまつり立てようとする報道。あまりにもタイミング良く、「吉川赳議員や自民党は悪」という印象を私たちに与えました。

この事から考えると、今回の吉川赳議員のパパ活騒動は、ハニートラップである可能性が非常に高いのではないでしょうか?

吉川たけるにハニートラップを仕掛けたのは中国共産党?「岸田首相への警告」

それでは、一体誰が吉川たける議員にハニートラップを仕掛けたのか?議員へのハニートラップとして真っ先に思いつくのが、中国共産党です。

中国共産党とは中国の政党であり、「一党支配」と言われる程、中枢に位置しています。中国国内で「党」と言えば、中国共産党を指すほど、巨大な政党なんです。

そして、この中国共産党は、過去、何人もの議員にハニートラップを仕掛けました。

  • 中国共産党はハニートラップが当たり前に横行している
  • 国がハニートラップ要因を養成している
  • 養成所ではハニトラ要因にランク付けがある
  • 好みを調べて女の人を送る
  • 中国人の人が会社員をハニトラにかけている現場を目撃した
  • 官僚、政治家もハニトラの対象
  • 自衛隊員のお嫁さんは中国が多い
  • 中国共産党は情報が欲しい
  • 女性もハニトラの対象
  • 安倍昭恵夫人もハニトラにあっていた
  • 二階俊博、山口那津男、福田康夫などもハニトラにあっている

動画によると、中国共産党はありとあらゆる人にハニトラをしかけ、情報を持ち出そうとしているそうです。その相手は一般人だけではおさまらず、官僚や政治家にまで及んでいます。

過去には安倍昭恵夫人を始め、二階俊博、山口那津男、福田康夫など大物政治家が中国共産党のハニトラに合っているそうです。この事実から、「ハニトラは中国共産党の常套手段」とも言われているんです。

ありとあらゆる人物にハニトラをしかける中国共産党。今回、吉川たける議員をターゲットにしていても不思議ではないですよね。

吉川赳は岸田派のホープ「中国の報復」

報道によると吉川赳議員は岸田派のホープと言われています。その為、吉川赳議員へのハニートラップは、岸田首相への間接的な攻撃とも言えるのではないでしょうか?

しかし、岸田首相は中国寄りだと言われています。そんな岸田首相へ、中国共産党が間接的とはいえ、攻撃を仕掛けるのでしょうか?


原因となりそうな事実を調べてみたら、岸田首相は最近中国に対して様々な苦言を呈していた事が分かりました。

東南アジアとヨーロッパを歴訪していた岸田総理大臣は最後の訪問国イギリスで記者会見し、ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアや、覇権主義的行動を強める中国を念頭に「力による一方的な現状変更をインド太平洋、とりわけ東アジアで許してはならない」と指摘しました。

岸田首相は訪問先の京都市で記者団に対し、「中国が同海域において一方的に開発を進めるということは極めて遺憾であり日本側としては認めることができない」と述べた。日本は外交ルートを通じて中国に抗議した。

中国に寄り添う姿勢を見せていた岸田首相としては、思い切った発言なのではないでしょうか?中国側から見ると、今まで自分達に理解を示していたのに、突如、反発され、面白くはないでしょう。

また、これらの発言は2022年5月に行われており、報復として考えると、時期的にも一致します。

中国共産党が吉川赳議員をハニートラップにはめ、間接的に岸田首相へ攻撃した可能性も見えてきました。

吉川たけるのパパ活概要

吉川たける議員のパパ活騒動について振り返ってみましょう。

岸田派のホープとして知られる吉川赳(よしかわ・たける)衆議院議員(40)が、18歳の有名私立大学に通う女子大生と食事デートをし、一緒に飲酒した上、高級ホテルでともに過ごしていたことがわかった。女性は取材に対し、「4万円のお小遣いをいただいた」と証言した。明日6月10日発売の『週刊ポスト』が報じる。
同誌によると、吉川氏は5月27日の夜、汐留にある高級焼き肉店で女子大生・Xさんと待ち合わせ。吉川氏は2人分の酒を注文した後、「学生だよね? 俺、18歳に興味あるわ」などと会話をしていた。その後、2人は店を出てタクシーに乗り込み、お台場の高級ホテルへ。ホテルの「1236号室」に姿を消した2人は1時間半ほど滞在していた。
取材班が後日Xさんに直撃すると、当初は吉川氏とのデートについて否定していたが、記者がすべてを確認していたことを伝えると、「はい……。吉川さんがお酒を勧めてきて、軽いお酒ならと飲んで……」と飲酒について認めた上で、「4万円のお小遣いをいただいて、バーに行くだけだからって……。バーだったはずがホテルの部屋で飲むと言われて。何も考えずについて行ってしまった私が悪いんです」と語った。
Xさんの言葉が事実であれば、吉川氏は女子大生に小遣いを渡して飲食店やホテルで過ごす“パパ活”を行っていたことになる。この4月から成年年齢は18歳に引き下げられたが、20歳未満の飲酒はこれまで通り禁じられている。未成年者飲酒禁止法では、飲酒をした本人を処罰する規定はなく、飲酒を知って制止しなかった親権者や監督代行者に対して、科料を科すことが定められている。現職の国会議員としての資質が問われる行動だ。
吉川氏は取材に対し、書面でこう回答した。
〈ご質問の女性は、飲食店で働いている方で、接客をされているときも店で飲酒をされていたことから、当然20歳以上だと思っておりました。貴誌からのご質問を拝見して驚いています。
ご質問の飲食店で食事をしたのは事実です。食事の後にもう少し飲もうということで隣接したホテル内の店舗を探したのは事実ですが、客室を取った事実もありませんし、まして客室に滞在した事実も一切ありません。
また、ご質問の女性に金銭を渡したこともありません。貴誌は「滞在されたことを確認し」たと言いますが、事実がない以上確認できるはずもありません。くれぐれも事実無根の記事を掲載することがないようあらかじめ申し添えます〉

  • 5月27日夜、吉川たける議員が汐留の高級焼き肉店で女子大生Xと待ち合わせていた
  • 女子大生Xは18歳で有名私立大学の生徒
  • 吉川たける議員は女子大生に対して4万円のお小遣いを渡した
  • 焼き肉店で18歳と知りながらお酒を飲ませた
  • 焼き肉店を出てホテルに向かっている
  • 女子大生Xはホテルで肉体関係を迫られる
  • しかし、女子大生Xは経験が無いと拒否
  • 吉川たける議員は「胸を見せてと」要求してきた
  • 吉川たける議員はパパ活に関して否定している

報道によると、吉川たける議員がパパ活を行ったのは5月27日の夜。汐留にある高級焼き肉店で、18歳の女子大生Xと待ち合わせをしました。

このお店で、吉川たける議員は未成年である女子大生にお酒を勧めます。さらに、お小遣い4万円を渡し、その後、ホテルへと移動したそうです。

女子大生Xの話によると、吉川たける議員はホテルの一室で肉体行為を要求。しかし、女子大生Xは経験が無く、この要求を拒否。

この時、女子大生Xは過呼吸に見舞われたそうです。そんな女子大生Xに対し、吉川たける議員が次に要求したのが「胸を見せて」でした。

2人のデート現場は雑誌記者によって目撃されており、女子大生Xは記者に対して、当時の事を以上の様に語っています。

しかし、吉川たける議員はパパ活に関して一部を否定。「女子大生Xは20歳以上だと思っていた」「ホテルには行ったが部屋には行っていない」「お小遣いを渡していない」など、女子大生Xを食い違う発言を行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました