Pile(パイル)は声優が下手で引退?韓国ハーフって本当?

ラブライブで西木野真姫の声を担当した声優のPileさん。とても可愛らしい女性です!

最近の声優さんって本当に美人が多いですよね。

さて、そんなPileさんですが、ラブライブで演じた西木野真姫のセリフが下手だったという指摘が数多くあがっており、引退も考えていた事があったようなんです。

さらに彼女は韓国人と日本人のハーフという話もキャッチしました。声優のPileさんの噂について見ていきましょう!

スポンサーリンク

Pile(パイル)の経歴やプロフィールは?

まずはPileさんの経歴やプロフィールを確認しておきましょう。

Pile(パイル)の経歴・プロフィール
本名:堀絵梨子
愛称:ぱいちゃん
生年月日:1988年5月2日
年齢:32歳
出身地:東京都
学歴:品川女子学院
職業:歌手、声優

元々は歌手として活動していたPileさん。本名は堀絵梨子さんいい、現在は32歳ですね。

そんな彼女の芸名・Pileはどうやらタオルが由来だそうです。

タオルの生地の名前はパイルと言い、柔らかく肌触りが良いのが特徴。

そんなパイル生地を使っているタオルの様に「暖かく包み込むような誰からも愛されるアーティストになる」という意味からPileと名付けたそうです。


元々歌手として活動を開始していたPileさんですが、2013年に声優としてデビュー。この時にラブライブの登場キャラクターの1人・西木野真姫を演じる事となりました。

この活動によって念願だった紅白歌合戦にも登場。さらに2017年には歌手として日本武道館で単独ライブも開催しています。

その他声優としてワールドトリガー、境界のRINNEなどの大人気アニメにも出演しています。最近はテレビで声優として登場する機会は減っていますが、ゲームアプリなどには出演しているようですね。

現在は歌手としての活動が目立っておりワンマンライブなどを中心に活動を行っていますね。

スポンサーリンク

西木野真姫役が下手すぎる?

Pileさんについて調べてみると「下手」という単語が浮上してきますね。

どうやらこれは彼女が演じた西木野真姫に原因があるようで、ラブライブ第1期時のPileさんの声が棒読み・活舌も良くないなど不評だったんですね。


しかし、これはある意味ではしょうがない事なんですよね。

先ほどもお話しした通り彼女は元々歌手として活動してた方であり声優として勉強した訳ではありません。

しかも始めて担当したアニメが国民的大ヒット作品となったばかりか、西木野真姫もラブライブ登場キャラクターでも上位に入る人気を誇ります。

メチャクチャ注目度が高い作品で1人素人だったとしたら浮いてしまいますし、周りとの実力差も浮き彫りになってしまいますよね。

プロ野球選手の中に超高校級の野球選手がいたとしても周りとの実力差が浮き彫りになってしましますし、その様な事なんでしょう。

スポンサーリンク

引退も考えていた?

Pileさんについて調べてみると「引退」という単語も見つけられますよね。

もしかして「声優として下手すぎると言われた結果、引退を考えていたのかも?」と思いましたがどうやらこれは歌手としての話のようです。

ラブライブ第一期が放送されたのは2013年の時。

実はこの時、Pileさんは歌手としての活動引退を考えていました。しかし、西木野真姫というキャラクターのオファーをきっかけにこの声優としての活動を開始。

結果として歌手としてもそのまま続投しています。

元々は歌手として活動していた彼女ですので声優として世に出る事は乗り気じゃなかったんだそうです。ところが西木野真姫というキャラクターに一目ぼれしたのか、姿を見た瞬間オファーを受けました。

この出会いが無かったら歌手としての活動も無かったかもしれませんね。

Pileさんにとってはそれほど西木野真姫というキャラターは思い入れが深いようですね!

韓国ハーフという噂も!

Pileさんの本名は堀絵梨子さんというのですが、実はお父さんが日本人、お母さんが韓国人のハーフ。

その為、日本語と韓国語、さらには英語にも精通する語学力があるんです。そして。その語学を活かして韓国ではCM出演も果たしています。

Pileさんはマルチ、グローバルに活躍する女性なんですね!

Pileについてまとめると

今回はPileさんについて見てきました。

今回の記事のまとめ
Pileさんは歌手・声優の女性
西木野真姫役で声優デビュー
しかし、演技が下手という噂も
歌手としては引退を考えていた事も
韓国とのハーフ

現在は歌手としての活動が目立つPileさん。現在は自粛などの影響によってライブが行えないようですが、しばらくするとまた生で彼女の声を聞く機会がありそうですね。

その時を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク