才波朝陽(さいばあさひ)の正体は?司に勝利も小物という声も?

ジャンプで大人気マンガであった食戟のソーマ。既に本誌では完結していますが現在第5期アニメが放送中ですね。

今回放送されている第5期アニメは食戟のソーマ完結編となるブルー編であり、ラスボス的な位置付けで才波朝陽というキャラターが登場しています。

彼の正体って一体何者なんでしょうか?作中最強位である司瑛士や丈一郎を倒しているにも関わらず小物というかわいそうな声もありますのでそちらも調査してみましょう(笑)

スポンサーリンク

才波朝陽(さいばあさひ)の正体は?

いきなり核心となる才波朝陽の正体からお話ししてみたいと思います。

作中に登場した時は主人公・幸平創真の父親である丈一郎から「俺のもう一人の息子」と言われており、さらに苗字が「才波」である事から本当に丈一郎の息子だという節がありましたよね。

ちなみに丈一郎は今でこそ「幸平」という苗字を名乗っていますが、旧姓は「才波」。

創真の母親とその父が営む大衆料理店・ゆきひらへ婿養子となった事で幸平丈一郎という名前になった訳ですね。


さて、苗字と丈一郎本人の発言から本当にもう1人の息子だと考えられていた才波朝陽ですが、その正体は本作ヒロインであるえりなの異母兄妹です!

えりなの父親である薙切薊(なきりあざみ)がえりなの母親と出会う前に別の女性との間に設けたもう一人の子供という訳です。

ところが当事者の1人である薙切薊はこの事を知らずに生活しており、才波朝陽自身も父親については全く把握していませんでした。

シングルマザーに育てられた才波朝陽ですが、丈一郎がアメリカ放浪中に彼と出会い、息子である創真と年が近かった事もあり唯一の弟子となるんです。

しかし、丈一郎の妻であり創真の母親である珠子の病気により帰国を余儀なくされ才波朝日はアメリカに残す事となります。

この出来事から朝陽は自分の性を「才波」と名乗り、丈一郎の本当の息子である創真に強い執着を見せる事となるんです。

つまり乱暴な言い方をすると勝手に人の苗字を使って本当の息子に逆恨みしていたという事(笑)


また、丈一郎の「いい料理人になるコツは自分の料理の全ての捧げたいと思えるようなそんな女に出会うことだぜ」という
言葉に従い、将来料理界を担うであろうえりなを妻にする事を計画しました。

結局この目的は達成されずに終わりましたが彼の目論見通りいけば異母兄妹での結婚というとんでもない事態となっていた訳ですね(笑)

最終的には自分の出生の秘密も判明し薙切へ迎えられ講師として穏やかに生活している様子が描かれていました。

スポンサーリンク

司瑛士や丈一郎を倒す程の実力!しかし小物?(笑)

食戟のソーマでラスボスと言っても過言ではない才波朝陽!実力はかなり高く、作中最強クラスの料理人である司瑛士や丈一郎を倒しています。

ところがそんな彼ですが「小物」と評価され事もありました(笑)


彼の能力はクロスナイブズと呼ばれ、料理人が使いこんだ包丁や器具を奪う事でその持ち主の得意技を使用できるというチート的なモノなんですが、その為、彼は本当にたくさんの包丁やナイフを集めていたんですね。

しかし、この描写が逆に彼を小物と評価される事となります。

ようは「俺、これだけのナイフ持っているから強いんだぜ!」と料理器具を見せつける為、その様な評価となってしまったと…(笑)

作中最強クラスのキャラターで間違いなく強いんですが、とんでもなく不憫でしたね(笑)

ちなみに才波朝陽ですが、料理コンテスト・ブルー準決勝で主人公である幸平創真に負けてしまうのですが、この時も「人の技法を使った料理で自分の物ではない」という理由が敗北の決め手。

色々と不憫な一面も持っていました(笑)

スポンサーリンク

才波朝陽(さいばあさひ)についてまとめると

食戟のソーマのラスボスとも言える才波朝陽についてまとめてました。

今回の記事のまとめ
正体はえりなの異母兄妹
作中最強クラスのキャラター
能力はクロスナイブズ
それ故に小物という評価も(笑)

最強クラスのキャラターでありながらなかなか不憫な扱いを受けていた才波朝陽。最終的には薙切家の一員として迎えらて彼にとってはハッピーエンドだったのかもですね。

まぁ、食戟のソーマのラスボスは個人的にはヒロインであるえりなの様な気もしないのでその部分でも朝陽は不憫だったかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク