かなとこ雲は恐ろしい?地震との関係は?ラピュタや天気の子で登場!

8月30日の夕方、関東南部でかなとこ雲が発見されました。

かなとこ雲とは成長した積乱雲のうち、頂上部分が広がり平になった形状を指し、ラピュタの竜の巣や最近では天気の子に登場しています。

映画を見た人ならかなとこ雲がどれだけの勢力を持っているのかなんとなく想像がつきますよね…また、一部では地震との関連性も噂されているのですがどうなのでしょうか?

2020年8月30日に発生したかなとこ雲について見ていきましょう。

スポンサーリンク

かなとこ雲は恐ろしい!

冒頭でお話しした通り、かなとこ雲は本当に怖いです。これまでかなとこ雲は何回か目撃されておりツイッターなどにその様子が投稿されていました。

見て解るようにかなとこ雲の直下では雷が大量発生しているんです。まさしくラピュタに登場する竜の巣が実現した形ですよね。

スポンサーリンク

かなとこ雲が出来る理由は?

猛烈な竜巻、雷をなどを発生させるかなとこ雲。なぜこの様な雲が出来上がるのか考えてみましょう。

かなとこ雲は成長した積乱雲の発展形ともいえる状態でしたよね?

積乱雲とは上昇気流によって作り上げらえる雲である事は皆さんご存知かと思いますが、この上昇気流はある高さに到達うすると薄れるんです。

その場所とは大気圏の1つ、成層圏です。

この領域に至ると上昇気流は弱まる為、雲は真上に行かず横に広がるという訳ですね。

つまりかなとこ雲とは成層圏まで到達する程の上昇気流によって作られるため、本来の積乱雲以上の猛威を奮うというわけなんです!

スポンサーリンク

8月30日の横浜や東京の状況は?

8月30日にかなとこ雲が発生したのは関東南部であり、首都圏となっています。東京や神奈川ではどの様な影響が出ているのでしょうか?

ツイッターなどの情報から見てみましょう!

現在までの報告だと大事にはなっていなさそうですね!無事で何よりです!!

かなとこ雲と地震の関係は?

かなとこ雲を調べていると「地震」というキーワードがセットで登場します。もしかしてかなとこ雲って地震と関係あるんでしょうか?

ちょっと調べてみたのですが、直接的な関係を示すような情報は見つけられませんでした。

かなとこ雲で発生する雷や竜巻が天変地異を思わせ、その結果、地震との結びつきを考えたのかも知れませんね。

すこし余談ですがかなとこ雲ではなく、地震と関連のあると言われている雲は存在するようです。

その名もまんまの「地震雲」!!

地震の元となる断層の変動による地磁気が原因で発生すると言われており、形状はチューブ状となっています。

しかし、実際に地震との関連性はまだ分かっていないようですよ。

かなとこ雲についてまとめると

2020年8月30日に発生したかなとこ雲。大量の雷と竜巻の様な風を発生させる雲で、まんまラピュタの竜の巣の様な存在ですね。

最近では天気の子にも登場しており、かなりヤバく恐ろしい雲です。

今回は関東南部で発生したようですが大きな被害が発生しなく一安心ですが、もし見かけた人は注意して下さいね!

スポンサーリンク