コントレイル(馬)の名前の意味や由来は何?既に異名がある?

絶対的な強さを誇る競走馬・コントレイル。お父さんは名馬として誰もが知っているディープインパクトなのでその強さにも納得でしょう!

そんな名馬・コントレイルですがこの馬の名前の由来って一体何なんでしょうか?

コントレイルの名前の意味や由来について調査してみました!

また、名馬の中には異名を持っている馬もいるのですがコントレイルにはあるのでしょうか?こちらも調査したいと思います!

スポンサーリンク

コントレイルとは?

まずはコントレイルがどの様な競走馬なのか見ていきましょう!

父にディープインパクト、母にロードクロサイトを持つ競走馬・コントレイル。

ディープインパクトは日本に住んている皆さんならご存知ですよね!あまりにも強すぎる力を持っており、競馬を知らない人でもその名前を聞いた事があるんじゃないでしょうか?

とにかく出るレースでは毎回注目を浴び、ディープインパクト見たさに競馬場への来場者が増大するほど社会現象を起こした競走馬です。

個人的には武豊騎手が語った「入っているというよりも飛んでいるといった感じ」というインタビューが印象に残っています。


そんなディープインパクトの血統を持って生まれたコントレイルですが、2020年10月21日現在までデビューから無傷の6連勝であり、無敗での三冠制覇に期待が寄せられています。

コントレイルが走るレースでは単勝支持率が物凄く高く、多くの人が「この馬が勝つ!」と予想しており、その期待に応えている訳ですね。

直近の菊花賞でも予想オッズは他の馬とは比べ物にならない位低く、めちゃくちゃ人気を集めているんですよ!

今後も間違いなく活躍してくれる競走馬ですね!

スポンサーリンク

コントレイルの名前の意味や由来は?

では、ここからはコントレイルの名前の由来について見ていきましょう!


コントレイルの名前の由来は「飛行機雲」であり、Condensation Trailを縮めた造語となっています。

飛行機雲が表すように真っ直ぐ突き進み走り抜けていく姿は名前の通りですよね!


ちょっと余談ですがユーミンこと松任谷由美さんは「ひこうき雲」というタイトルの楽曲を持っており、コントレイルの名前の意味と全く同じです。

その為なのか、松任谷由実さんは2020年JRAのCMで楽曲を担当していましたね!おそらくコントレイルを意識しての抜擢だったんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

コントレイルの異名は?

強い競走馬には異名が着きますよね!

例えばコントレイルのお父さんであるディープインパクトには「英雄」とう異名が付いていました。

ディープインパクトは2006年に日本調教馬として初めて芝部門・長距離部門で1位となった競走馬であり、まさいく英雄です。

そんなお父さんに続きコントレイルにも異名があるんでしょうか?

こちらは調査してみましたが今のところ異名らしいものは付いていないようですね!デビューしてまだ2年という事もあり異名が着くとしたらこれからでしょう。

お父さんであるディープインパクトに負けない位の異名が着く事を期待しましょう!

コントレイルについてまとめると

今回は競走馬・コントレイルの名前の意味や由来を見てきました。

コントレイルの名前の由来は「飛行機雲」であり、その名の通り、真っ直ぐゴールを目指し勝ち進んでいます。

あまりにも強すぎる為、現在単勝支持率が物凄く高く他のライバルたちを寄せ付けない数字を叩き出していますね。

そして、その期待に応えるようにデビューから現在まで6連勝と負けなしです。

今後も期待に応え勝ち続けてくれると思いますよ!コントレイルの今後の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク